ここから本文です

Sexy Zone 中島健人&菊池風磨の“ふまけん”コンビ、『ここさけ』効果で距離縮める?

7/26(水) 7:00配信

リアルサウンド

 7月22日に公開された映画『心が叫びたがってるんだ』。主演を務めたのは、『銀の匙 Silver Spoon』、『黒崎くんの言いなりになんてならない』と、着実に映画俳優としてのキャリアを築いているSexy Zoneの中島健人だ。公開初日となった7月22日には各地でキャンペーンを行ない、22時より生放送のラジオ番組『らじらー!SATURDAY』(NHKラジオ第1)に出演。シンメトリーである菊池風磨とパーソナリティーを務めた。

 普段、つかず離れずの適度な距離を保っているふたりだが、この日は『ここさけ』効果なのか仲睦まじいやりとりを披露。“ふまけん”ファンを沸かせる展開に。「『ここさけ』PRキャンペーンwith菊池風磨!」オープニングからハイテンションの中島に、いつもの菊池ならクールに流しそうなところだが、労をねぎらうように「そういうことか! おー、なんかうれしいですね」と温かい会話のキャッチボールが続く。

 番組では、映画『ここさけ』で共演した芳根京子がゲスト出演。出演者が人見知りなメンバーばかりだったなか「みんなの心をひらいてくれたのは、座長の中島くんです」と芳根が話すと、「座長の中島くんは僕ら、ちょっとわからないで教えてもらえますか?」と菊池が積極的に質問を投げかけていくのだった。

 現場では、指スマやなぞなぞが流行っていたそうで、中島はなぞなぞの答えがわからず悶々としながら本番へ挑んだシーンもあるそう。「なんですか、そのほんわかした……(笑)」といういつもキレのある菊池が、歯がゆそうなツッコミをするのもまたレアな展開。

 そして話題が撮影時のNGに移ると、ミュージカルシーンでダンス初心者の芳根&寛一郎と、Sexy Zone中島&E-girls石井杏奈では、ターンのキレから異なっていたという。役としては踊れたらダメなのだが、「そのシーンだけは、ケンティーでいいよって監督が」と中島。菊池も「そのシーン楽しみにみたいですね」と素直に受け止めたかと思いきや、「予告編で我慢しますけど」と彼らしいボケもはさみ、中島がすかさず「メインディッシュも食べてください」とおなじみの掛け合いを見せていく。

 その後も、「ふくらはぎの筋肉が昔からすごくて」(芳根)と話せば、「奇遇ですね、中島くんも発達してるタイプで」(菊池)、「よく覚えてますね」(中島)と、菊池の中島あるあるが止まらない。また芳根が「吹奏楽部だったんで」というコメントに対して、中島が「僕も……嘘ですよ」とジョークをはさむも「あれ? 指揮ふってたのは?」(菊池)とすかさず中島情報を挟んでいく。ちなみに、中島が指揮を務めたのは合唱コンクールでの思い出。ふたりの長い付き合いを彷彿とさせる一幕だった。

 実は、『ここさけ』が撮影されたのは、Sexy Zoneのツアー中だったという。多忙を極める中島を気遣い、菊池が「頑張れ」メールを送っていたことが中島の口から明かされると、「松島(聡)からですか?」ととぼける菊池。ぶっきらぼうに見えて、実はメンバー思いのアツい男なのだ。だが、それを自分からアピールすることを嫌う菊池はいつもクールな振る舞いをしてみせる。今回のオンエアでは、そのガードが緩んだのかもしれない。

 エンディングでは、『ここさけ』の公開に合わせて海外の友人が日本にやってきて、ふたりで一緒にラジオを聴いているというリスナーからのメールが届き、「『ここさけ』がもたらす効果、すごい」という話題に。すると、ラブホリ王子パワーがフルチャージされたのか中島が「『ここさけ』がもたらす効果で、キミと一緒にラジオできたのもうれしいけどね」とキメる。菊池も「あ、りがとう、ございま~す」と茶化しながらも「新しい中島を見れた感じだよ」とラブコールを受け取った。

 だが、まだパワーが放電しきれなかったのか中島は、番組を終わる最後の最後まで「最近思ったんだけど、髪の色いいよね」と、最近頻繁に髪色を変えている菊池をさらっと褒めてみせる。まさに、ふたりの心がメンバー愛を叫びたがっていた、そんなオンエアだった。

佐藤結衣

最終更新:7/26(水) 7:00
リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ