ここから本文です

スーザン・サランドン(『テルマ&ルイーズ』)、女性主義のアダルトビデオを制作?

7/26(水) 19:30配信

VOGUE JAPAN

スーザン・サランドン(70)は80歳になったとき、女性主義のアダルトビデオを制作することを計画しているそうだ。オンライン上のアダルトビデオを視聴し、そこからセックスや交際関係についてのアイデアを得ている人々がいることを心配するスーザンは、本当のセックスについて語る作品を作ることを考えているのだと語っている。「たくさんの若い人たちは彼らの携帯電話の中に全てを持っていて、彼らはセックスをする時に男として、また女としてどのように振る舞うべきかの参考としてアダルトビデオを見ていることを私は心配しているの。それらのビデオはとても暴力的で興味深いものではないわ。性的特徴を与えられ、それらの奇妙な定義に従わなければならないことになるなんて、大きな心配よ」。

スーザン・サランドンといえば、若かりしブラピも出演した映画『テルマ&ルイーズ』(91)!

女性主義の意見を持つ『テルマ&ルイーズ』のスーザンだが、女性がやることすべてをサポートしなければならないという意味ではないと『グラツィア』誌のインタビューの中でこう続けている。「女性監督がたくさんいるからって、彼女たちすべてが素晴らしいというわけではないわ。女性だからという理由で私は全てをサポートするというわけではないの。それって女性に対して恩着せがましいだけだと思うわ。本当の平等って女性に対しても男性に対してもろくでなしだなと思えることよ」。

スーザンは9月29日より日本放送開始となるドラマ『フュード/確執 ベティvsジョーン』の中でジェシカ・ラング演じるジョーン・クロフォードの天敵、ベティ・デイヴィス役を演じている。同ドラマは2人の大女優の壮絶なバトルを描く作品なのだがスーザン本人はこのストーリーのように他の人と敵対したことはないそうだ。「私よりも年上の人達は今でも権力の基盤は男性にあると思っていて、女性とではなくて男性と団結しようとするのよ。そういう人たちはときには攻撃的に女性に敵対心を持つこともあるわ。でも私はそんな人たちに敵対されたことはないけどね」。

さらにスーザンは名声や成功を手に入れるために、女性は女性同士で戦う必要はなく、むしろ協力的しあうべきだといい「私が知っているパワフルな女性達はみんなお互いにサポートしあっているわ」と語っている。

Bangshowbiz

最終更新:7/26(水) 19:30
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月28日発売

700円(税込み)

ララ・ストーン、ドウツェン・クロース、ナターシャ・ポーリーなどトップモデル6名が表紙で豪華競演。