ここから本文です

ハディッド姉妹も夢中! 究極のリラックスウェア“パジャマ風”スタイル。

7/26(水) 20:02配信

VOGUE JAPAN

ここ数年高まっているパジャマ風スタイル。一部のセレブたちが得意としていたこのコーディネートは、今やジジ・ハディッドやヴィクトリア・ベッカムらも取り入れるようになっている。寝室から抜け出してきたようなスタイルが、セレブだけのトレンドではなくなる日は近いかも!?

セリーヌ・ディオン グラムなバイブを漂わせて。

ジジ・ハディッド トレンドセッターの最新スタイルはホワイト。

この半年ほどで色とりどりのパジャマスタイルを披露しているジジの最新コーデは、ヴィクトリア・ベッカム(VICTORIA BECKHAM)のホワイト。気分まで緩みがちなスタイルを、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のバッグとアンドレ アスース(ANDRE ASSOUS)のローファーでピリッと引き締めしめ、モードにできる女を演出した。

エル・ファニング カジュアルフライデーに着てみたい、ちょっぴりギークなパジャマスタイル。

NYのホテルから出てきたエルは、完全に寝起きモード!? と思いきや、さすが着用しているのは、レーシングカープリントのプラダ(PRADA)の一着だ。L.A.っ子らしく、プライベートではカジュアル嗜好の彼女は、足もとにはスニーカーを合わせてさらにくつろいだ気分に。オレンジがかったサングラスで少しレトロな雰囲気も醸し出して。

スキ・ウォーターハウス ハーフパンツとベースボールキャップで少年のように。

古着やプリントを好むスキは、トップとボトムの柄が異なるシルクのグリーンシャツ&ショートパンツという出で立ち。ベースボールキャップを合わせて、敢えてのミスマッチ感を楽しんだ。ちなみにこの日はこのコーディネートのままでトークショーに出演! その気取らなさがまた彼女の魅力なのだ。

グウィネス・パルトロウ カラフルなコットンのセットアップ。

トリー バーチ(TORY BURCH)の草花モチーフが鮮やかなプリントセットアップでバケーションを楽しんだグウィネス。パジャマ風スタイルといえば、シルク素材が圧倒的多数だが、通気性の良いコットン素材も涼しげで夏らしい。クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)のガーリーなパンプスを合わせればグウィネス流南仏スタイルが完成!

Text: Rieko Shibazaki

最終更新:7/26(水) 20:02
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年10月号
2017年8月28日発売

700円(税込み)

日本人ロックスターとして、YOSHIKIが『VOGUE JAPAN』の表紙に初登場!
人気モデルのミカ・アルガナラズと豪華競演。