ここから本文です

【京都観光】「ほぼ日」実店舗に草間彌生も!京都限定最新ギャラリー3選

7/26(水) 7:00配信

東京ウォーカー

京都らしい伝統建築と現代アートが融合した美術館や、アートを身近に感じられるミュージアムショップがオープンするほか、人気サイトの実店舗が京都に進出するなど、注目スポットが続々!京都限定グッズにも注目を<※情報は関西ウォーカー(2017年7月4日発売号)より>

【写真を見る】人気ドラマに登場して話題になった本形のライト「Mini Lumio+」(2万4408円)/MoMA デザインストア 京都

■ 祇園甲部歌舞練場敷地内の名建築に草間彌生の作品81点が展示

2017年8月、都をどりの会場として知られる祇園甲部歌舞練場敷地内に新たな美術館がオープン。それに先駆けたプレオープン企画「フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever展」が10月末まで開催されているので要チェック。(プレオープン期間中。グランドオープン8月予定)

【草間彌生PROFILE】日本を代表する前衛芸術家。水玉や編み模様をモチーフにしたカラフルな作品で世界的に知られる。2016年に文化勲章を受賞。

大正2年に建てられ、有形文化財でもある八坂倶楽部内。美術館の入口には直径5mもの草間作品「南瓜」が展示されていて、記念に撮影もできる。

日本建築と現代美術が見事に融合している。

草間彌生グッズなど約120アイテムがそろうショップも。

それぞれ異なる色彩で構成された4つの展示室は、京都五花街の茶屋や日本の歴史・文化との関係を表現する。

日替わりランチプレート(1100円)。ミュージアムカフェも併設。新鮮な野菜をたっぷり使ったプレートランチやサンドイッチのほか、草間作品をイメージしたデザートなどが味わえる。

カラフルな水玉作品をモチーフにしたスイーツ。「草間彌生あんみつ」(700円)。<時間:10:00~18:00(LO17:30) 席数:約100席>

■フォーエバー 現代美術館 祇園・京都<住所:京都市東山区祇園町南側570-2 電話:075-532-0270 時間:10:00~18:00(最終受付17:30) 休み:なし 料金:1200円(プレオープン期間中) 駐車場:なし 交通:京阪祇園四条駅より徒歩8分>

■ MoMAの国内2店舗目が京都に

「MoMA デザインストア 京都」は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のミュージアムショップで、京都店は国内2店舗目の路面店となる。ニューヨーク近代美術館のアートを選定するキュレーターがセレクトするスタイリッシュな商品が並び、京都店限定アイテムもある。

人気ドラマに登場して話題になった本形のライト「Mini Lumio+」(2万4408円)。

アンディ・トゥーイ作品をモチーフにした「グレート モダン アーティスト ペンケース」(1728円)。

店内デザインはロンドンを拠点に世界中で活躍するラムズデン・デザイン。

■MoMA デザインストア 京都<住所:京都市中京区河原町通三条下ル大黒町58 ミーナ京都1F 電話:075-253-6450 時間:11:00~21:00 休み:不定休 駐車場:御池地下駐車場約1000台(割引サービスあり) 交通:京阪三条駅より徒歩5分>

■ 「ほぼ日」の実店舗が京都にオープン

「TOBICHI京都」は、糸井重里が主催するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」が運営。ほぼ日のグッズを扱うほか、ギャラリーやイベント開催もある。混雑時は整理券が配布される。

TOBICHI京都のシンボルマークをあしらった「トートバッグ」(1296円)。WEB販売はなく店舗限定。

「カレーの恩返し」(1袋540円)、缶タイプ(1296円)はカレーの仕上げに加える。

「感じるジャム」(各1296円)。数種類の果物を組み合せ、味の変化を楽しむ。

ほぼ日グッズが並ぶ。

昭和初期のレトロビル「寿ビルデイング」内にある。装飾が施されたエントランスがノスタルジックな雰囲気。

■TOBICHI京都<住所:京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 寿ビルデイング3F 電話:080-8457-1101 時間:12:00~19:00(イベントにより異なる) 休み:木曜、不定休 駐車場:なし 交通:阪急河原町駅より徒歩5分>【関西ウォーカー編集部】

最終更新:7/26(水) 7:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。