ここから本文です

日本人インスタグラマーAKO、琴線に触れる「鏡」的作品 - Q.サカマキ Instagramフォトグラファーズ

7/26(水) 11:49配信

ニューズウィーク日本版

<iPhoneとアプリだけを使って、自分の息子から蛾、ヌード、田舎までを作品にして発表。彼女の写真は、自分自身のメタファーだ>

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の元キュレーター、ジョン・シャーコフスキーの言葉を借りれば、写真には2つの大きな特質がある。"鏡"と"窓"である。鏡は自分自身のメタファーとしての写真。窓は写真を通して外の世界を知覚することだ。

今回紹介する日本人インスタグラマー、通称AKOは、前者を特化したものになるかもしれない。ねじれたメタファーではあるが、彼女にとっての写真――インスタグラムで発表している写真――は、自分自身を架空のキャラクターとして演じ、その中からファンタジーとして浮かび上がってきたものであるという。

非常にテクニシャンである。すべてiPhone で撮影し、さまざまなアプリを使って、写真とビデオとを問わず、自分のイメージに近づけている。本職はグラッフィクデザイナー。アートスクールで講師をしていたこともあり、経済的に余裕のない生徒のために、どこまでiPhone のアプリでレベルの高い作品が作れるかを試行錯誤したという。それがテクニック的に大きな財産になったらしい。

ちなみに、写真を本格的に始めたのは、インスタグラムが世界的に広まり始めた2012年からである。こうしたバックグラウンドから、彼女のことを写真家と呼ばずにインスタグラマーと呼んでいる。

とはいえ、ポスト・プロダクションが主体とはいえ、AKOの作品は機械的な写真ではない。例えば、反抗期の中学生の息子を撮った作品(下)。そこに恋愛感情はなくても、どこか恋人との不可思議な関係を見るような錯覚にさせてくれる。

【参考記事】日本の「かわいい」と似て非なる「ピンク・カルチャー」とは何か

AKOさん(@akolonic_)がシェアした投稿 - 2017 4月 30 10:43午後 PDT




AKOさん(@akolonic_)がシェアした投稿 - 2016 5月 16 6:31午前 PDT


また、田舎シリーズは彼女が好んで撮影するテーマだが、本人いわく、そこには自分の育ってきたルーツがあり、それも地理的には東京近郊であるため、懐かしさとコンプレックスが入り混じっている。

枯れた花や蛾も、人生の無常やはかなさを表している。とりわけ蛾は、死が待っているにもかかわらず光に向かって突き進むその習性に惹かれ、ストレートで頑固な自分自身のメタファーになっているという。

時おり、強制的に削除されたりもするが、チラリズム的に自分のヌードもインスタグラムで発表している。そうしたものが見る者の琴線に心地よく、ときには刺激的に触れるのである。

実のところ、AKOのこうしたテクニックとソウルフルな写真要素の合体は、彼女の家庭環境や家族の歴史からきているのかもしれない。

石油ビジネスに関わっていた祖父は、戦前から写真を大きな趣味とし、ヌード写真も含むさまざまなプリントを家に残していたという。また父親は、大手化粧品メーカーのサラリーマンをしていたが、本当は画家になりたい男だった。小さいときから父親が収集していた画集や写真集、ベトナム戦争の写真までを目にしていたようだ。

一方、母親は過干渉で、アート関連にはまったく興味がなかったという。進学校の女子高校を卒業したAKOが、大企業予備軍である有名大学に行かず多摩美術大学に進んだため、大きな禍根を残したらしい。だが、それらはすべて、現在のAKOの作品群の大きな源となっている。

【参考記事】過去のインスタ作品をすべて削除して、撮り始めたプロジェクト

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
AKO @akolonic_

AKOさん(@akolonic_)がシェアした投稿 - 2016 12月 12 9:04午後 PST



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル! ご登録(無料)はこちらから=>>

Q.サカマキ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-9・26号
9/20発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。