ここから本文です

“神の手”のマラドーナ氏がVARを支持「テクノロジーがあれば、あのゴールはなかった」

7/26(水) 9:00配信

フットボールチャンネル

 アルゼンチンサッカー界のレジェンドである56歳のディエゴ・マラドーナ氏が、世界の主要リーグ・主要大会で導入が進んでいるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)について言及し、それを支持した。25日に英メディア『BBC』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 1986年メキシコW杯の準々決勝イングランド戦で、アルゼンチン代表のマラドーナ氏はゴールを決めた。しかし、疑惑付きの得点は“神の手”ゴールとして現在でも語り継がれている。

 マラドーナ氏は「技術の使用を支持する時、いつもあの出来事を思い出すよ。テクノロジーが確立されていれば、あのゴールはなかっただろうね。実は1990年W杯のソビエト戦でもボールをクリアするために手を使った。審判はそれを見ていなかったからラッキーだったよ。当時はそのテクノロジーがなかったが、今は違う」と答えた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)