ここから本文です

“イランのメッシ”のラツィオ移籍が決定的に!? サッカー協会がSNSで合意を発表

7/26(水) 11:00配信

フットボールチャンネル

 イランサッカー協会が25日、ロシア1部のルビン・カザンに所属する22歳のイラン代表FWサルダル・アズムンが、セリエAのラツォオに移籍することになったとインスタグラムで発表した。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 同協会はインスタグラムを通じて「ラツィオがイラン代表のストライカーを獲得するため、ルビン・カザンに対して1800万ユーロ(約23億円)を支払うことに合意。この契約が成立すれば、アズムンはイラン史上最高額で移籍した選手となる」とコメントしている。

 伊メディア『フットボールイタリア』によると、ラツィオは最初に移籍金1500万ユーロ+ボーナス300万ユーロのオファーを提示。しかし、ルビン・カザンに拒否されたため、改めて移籍金1800万ユーロのオファーを提示したという。ただ、交渉は順調に進んでいるが、イランサッカー協会が公開したコメントは時期尚早だったと指摘も…。果たして、“イランのメッシ”と呼ばれるアズムンは、セリエAでプレーすることになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)