ここから本文です

出版不況でも部数倍増、完売も! 広告よりも優先なのは? 「売れる雑誌」のつくりかた『LDK』×『レタスクラブ』編集長対談【前編】

7/26(水) 13:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 書店が減り、本や雑誌も売れなくなる一方で、部数を伸ばしている女性誌がある。広告を一切入れず徹底したテスト検証で本当に良い商品を探し出す『LDK』。そして、2016年6月に編集長が交代してから完売が続出している『レタスクラブ』だ。出版不況でも売れる雑誌にはどんな共通点があるのか?

『LDK』の木村大介編集長と、『レタスクラブ』の松田紀子編集長にとことん語り合ってもらった。

■コミックエッセイ9本を連載!大変身した『レタスクラブ』

木村大介編集長(以下、木村) (『2年前の『レタスクラブ』を取り出して)うちの編集部は、この号で『レタスクラブ』を買うのやめたんです。

松田紀子編集長(以下、松田) あ! 昔の『レタスクラブ』!

木村 『LDK』を創刊してまだ4年ぐらいなので、先輩雑誌の『ESSE』『オレンジページ』『サンキュ!』『Mart』とかを山ほど見て研究していて、そのなかに『レタスクラブ』も入ってたんですけど。ちょっと昔風味でしたよね。実家にある、昔、お母さんが読んでた雑誌みたいな。

松田 おっしゃってること、わかります(笑)。

木村  しかもこれ、最終回の連載が多かったので、とうとう『レタスクラブ』は役割を終えたんだなと思って。

松田 その号は周年記念号ですから、ちょうど連載が入れ替わるタイミングだったんですよ。

木村  そしたら、ダ・ヴィンチニュースの編集さんから、「レタス完売続出です」ってメールがきてびっくりしたんです。全然知らなかったので。

松田 ははは、そうですよね。

木村  さっそく久々に買って読んでみたら、デザインから何からすべて変わってるじゃないですか! これはすごいなぁと。よっぽど恐ろしい人が編集長やってるんだろうと思ってました(笑)。

松田 (笑)人が言うほど恐ろしくはないと思いますよ。

木村  松田さんはコミックエッセイを長く担当してらっしゃったんですよね。『レタスクラブ』の編集長になった経緯は?

松田 組織変更で、『レタスクラブ』編集部が、私の在籍していた局に統合されることになりまして、その流れで。『レタスクラブ』のコンテンツ力を強化する必要があったので、コミックエッセイの連載を入れはじめて、今、コミックエッセイが9本載っています。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!