ここから本文です

甘利明、捲土重来に準備 8月人事で抜擢?

7/26(水) 5:59配信

デイリー新潮

 捲土重来を期すには、相応の準備が欠かせない。その点、甘利明前経済再生担当相(67)はぬかりなく――。

 政治部デスクの話。

「内閣改造と党の役員人事は8月上旬とされています。いよいよ甘利さんが、表舞台に戻ってくることになりそうです」

 都議選投開票日には都内のフランス料理店で安倍総理と食事をしたと報じられた。支持率が急落する中で、総理も盟友の再登板を心待ちにしている。

「甘利さんの復活は菅さん、麻生さんも望んでいる。ただし、閣僚にすれば委員会での答弁があり、昨年、不起訴となった“あっせん利得疑惑”が蒸し返される。そこで党の要職に、という声が出ているのです」(同)

 実際、菅官房長官は周囲にこう漏らす。

「優秀なんだから、使わないわけないでしょう。政策面で貢献してもらわないと」

 先のデスクが続ける。

「甘利さんの側近には、幹事長になってほしいという思いがありますが、二階さん留任とも言われる中、政調会長や下村さんの後継で、幹事長代行の声があります」

 いずれにせよ、甘利氏自身は来る日に備え、着々と準備を重ねてきた。自民党関係者が言う。

「最近では地元の結婚式など細かい会合にまで顔を出し、精力的に活動しています。さらに、以前から人一倍、健康面に気を遣う方ですけど、最近は拍車がかかってきた。体づくりのため、ウォーキングや腕立て伏せをやっているそうです」

 お酒の量も減らしている。

「ワインが好きなのですが、飲み会でもここのところ多くて2杯。飲まないことも多いです。おつまみは胡桃(くるみ)を好んで食べるようにしています。コレステロール値を下げ、生活習慣病の予防に効くそうです」(同)

“胡桃パワー”で安倍内閣の体質も改善したい。

「週刊新潮」2017年7月20日文月増大号 掲載

新潮社

最終更新:7/26(水) 5:59
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。