ここから本文です

「これが将軍の見る景色です」。マンガ『キングダム』に熱狂したYahoo! アカデミア学長が書いた本

7/26(水) 6:00配信

Book Bang

日本興業銀行、プラス株式会社を経て、現在はヤフー株式会社の「Yahoo! アカデミア学長」として次世代リーダー育成を行っている伊藤さん。そんな伊藤さんが大人気コミックス「キングダム」の41の名シーン&名セリフを通して、夢、挑戦、勇気、決断、チームワークなど、「仕事の本質」を伝える一冊を上梓しました。伊藤さん初の著書となる本書についてお聞きします。

――これまで、各方面から書籍のオファーがあったそうですが、すべて断られていたとお聞きしています。このたび本書の執筆を決断されたのは、どのような想いからでしょうか? 

そうですね、Web記事やテレビなどに出演することは多々あったものの、“本を書く”ということがどういうことか、よくわからなかったんですね。また、「形に残る」ものを作るということの恥かしさがものすごくあって。いまだに、自分はまだ何もしていない、何を成しているわけでもないという意識があるんです。
それに私は、“スタジオミュージシャン”か“ライブミュージシャン”かというと、圧倒的にライブミュージシャン、もっといえば“ストリートミュージシャン”タイプ。人々と顔を合わせて熱く話すことは好きなのですが、本という形は自分に合わないだろうと思っていました。
ですが、私の愛してやまない『キングダム』を主役にして、そこに私の思想を乗せるという本書の企画を担当編集者の米田さんにいただいたときに、「それなら」と前のめりになったんです。

――これだけのキャリアをお持ちの伊藤さんが「自信がない」というのは意外ですし、非常に謙虚でいらっしゃることに驚きます。

本書を書いている間にも「俺なんかが書いていいんだろうか」という葛藤があったのですが、完成して本屋に並んだ本書を見た瞬間に、「この本に関わってくれている人がたくさんいるんだ」と気づいて。「恥ずかしいなんて言っている場合じゃない」と、今はやみくもに宣伝しています。もう、社内でサイン会だって何だってしますよ。(笑)
本書の内容も、私が講演やセミナー、Yahoo! アカデミア、客員教授として教えているグロービスのクラスなどで年がら年中話していることですから、それを遠くの人々にまで届けられる、とても素晴らしい手段じゃないかと今は感じています。

1/3ページ

最終更新:7/26(水) 6:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)