ここから本文です

NBAスカウトが語る選手の評価基準。「日本にとって最大の問題はサイズ」

7/26(水) 11:31配信

Number Web

 7月上旬、カイロで行われたFIBA U19ワールドカップには、NBAチームのスカウトも見に来ていた。

 19歳といえば、本人が希望すればアーリーエントリーしてNBAドラフトの指名対象にもなれる年代だ。実際、今大会に出場した選手の中には、今年6月のNBAドラフト前にアーリーエントリー宣言をし、後に撤回した選手もいた。

 日本代表の中で、以前からNBA入りが目標だと明言している八村塁にとっても、この大会はNBAスカウトの前でプレーするチャンスだった。

 特に昨シーズン、NCAAのゴンザガ大ではほとんど試合の出場機会がなかっただけに、ゴンザガで練習してきたことが、同年代のトッププレイヤーたちを相手にどれだけ通用するのか、八村自身も楽しみにしていた。

 大会中、八村はNBAスカウトから見られていることについて「意識していない」と言っていたが、その一方で「U19になるとNBAのドラフトにもかかるような年代なので。(選手として)出来上がっている人たちがいっぱい来ていて、高いレベル」と言い、「自分も1年間そういう高いレベルでやってきたので、本当の試合でどれだけやれるかっていうのは楽しみにしています」と語っていた。

NBAスカウトが語る選手の評価基準。

 大会中、1人のNBAチーム・スカウトと話をした。NBAの規則で、リーグやチーム関係者はNBAに入る前の年代の選手の評価などを語ることは禁止されている。そのため、八村など個々の選手の具体的な評価は聞けなかったが、スカウトとしてどんなポイントで試合を見ているのかを聞いてみた。

 「私の場合──他のほとんどのスカウトも同じだと思うけれど、まず見るのは選手の身体つきだ。

 どれぐらいのサイズで、どれぐらいの力強さがあるか。そして身体能力はどれぐらいか。これはふつう年月とともに変化してくることだ。1人の選手を16歳のときに見て、19歳、20歳になってから見ると大きな変化がある。スカウトとして、選手の将来を予測することも仕事のうちだ。

 次に見るのはその選手のスキル全般。前回見たときからどう成長してきたのか。

 その次はメンタル面だ。どういう行動を取っているか。姿勢はどうか。審判やチームメイトなどに対してどんな対応をしているか。さらにはコーチ陣にどんな反応をしているかといったことを見る」

1/3ページ

最終更新:7/26(水) 18:16
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

933号
8月9日発売

定価590円(税込)

甲子園ライバル伝説。

田中将大/ダルビッシュ有/筒香嘉智/大谷翔平/松井秀喜/清原和博
47都道府県ライバル対決