ここから本文です

四半世紀寝かせた今が食べ頃? 緒形直人に再び恋をする理由とは

7/26(水) 12:01配信

CREA WEB

トレンディ御三家の補欠的存在

 突然だが「トレンディ御三家」と聞いて、誰を思い浮かべるだろうか。

 斎藤さんと、あと残り二人は誰?  と迷っているそこのあなた。お若い。そして違うッ。

「吉田栄作・加勢大周・織田裕二」とスラスラ出てくる人は何人ぐらいいらっしゃるだろうか……。

 80年代後半から90年代前半、男は肩パッドもしくは肩巻きカーディガン、女は巻き髪ボディコンという暑苦しいにもほどがあるスタイルで惚れたハレタを展開していたトレンディドラマ。上記の人気俳優3人が特に大人気だったのだ。

 が、今回思い出してほしいのは、次点・つまり4番手くらいに位置していた緒形直人である。世間知らず的なベビーフェイス、イケてるセリフがあまりそぐわない誠実オーラは実に新鮮で、女性たちの母性本能を全発動させた。

 かくいう私もその一人。ドラマ「予備校ブギ」「同・級・生」は物語などどうでもよく、彼のトレンディになりきれない固まった笑顔を見にいったものだ。

 が、いつからだろう。「世界遺産の声の人」程度の存在になり、もはやアウトオブ眼中に……。ところが昨年、彼は突如、再び私のハートにKNOCKIN' ONしてきたのである! 

 そう。その運命の作品……それは映画『64 -ロクヨン-』である! 

 そもそも私は坂口健太郎君の麗しいお姿を拝むために観た。

 ところが話が進むうちに、過去の罪の証拠となるメモを口に頬張り、佐藤浩市にボコられ、川に顔を沈め、水を飲みのたうち回るオッサンに視線がくぎ付けに。

 ちょっと待て……。これ緒形直人だよね? ? 

 昔超真面目だった同窓生がワイルドで色気ムンムンになってた的な衝撃を受け、「ヤダ、イケてる……」。私の純情な感情が動いたのであった。

『64 -ロクヨン-』オフィシャルサイト
http://64-movie.jp/

「人間の証明」で決定的フォーリンラブ

 しかしこの時点では、MajiでKoiする5秒前。

 揺れる想いが確信に変わったのがドラマスペシャル「人間の証明」(テレビ朝日/2017年4月2日放送)である。そもそも私は鈴木京香様の麗しいお姿を拝むためチャンネルを合わせたのだが、これまたひょっこり緒形直人が登場。

 藤原竜也とバディを組む刑事役で、一匹狼な彼に唯一理解を示すナイスガイである。ニヒルな笑顔。静かな包容力。嗚呼、彼が画面に映るだけで重厚さと安心感が漂うワンダフル・モーメント……。

 彼は年食って「人間鹿威し(ししおどし)」になっていた――。

 カコーンと竹の音が鳴るアレがあるだけで、ただの庭にも古風で粋なムードが出るように、彼は立っているだけでドラマを格上げする、そんな役者に進化していたのである! 

 調べると彼は2017年9月で50歳。男として最高に脂の乗ったお年頃。いらぬ情報だがダンディ坂野や坂上忍と同い年だ。

 来る。緒形直人、再び、彼の時代が来る! 

「人間の証明」オフィシャルサイト
http://www.tv-asahi.co.jp/ningennosyoumei/

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいものから定番の名品まで
贈りものバイブル。

47都道府県手みやげリスト
カイ(EXO)「大人のような少年のような」