ここから本文です

恋愛番組「バチェラー・ジャパン」2018年春に続編開幕 2代目はサイバーエージェント幹部?

7/27(木) 17:50配信

KAI-YOU.net

世界的的な人気を誇る恋愛リアリティ番組の日本版「バチェラー・ジャパン」のシーズン2が、2018年春にAmazon プライム・ビデオで見放題独占配信される。

シーズン2のバチェラーに選ばれた小柳津林太郎さん

その2代目バチェラーに、京都出身のIT企業幹部・小柳津林太郎(おやいづりんたろう)さん(35歳)が選ばれた。

ネット上では公式発表直後から、小柳津さんが務めるIT企業が「次のバチェラーはサイバーエージェント社員か?」と話題になっている。

1人の男性を巡る女性たちのドラマ

独身男性を意味する「バチェラー」シリーズは、2002年からアメリカで「The Bachelor」としてスタート。

1人の男性と複数の女性が共同生活を送る中で、デートやパーティ、女性同士の嫉妬を交えた争いなど、非日常的なドラマが展開される。

日本版は2017年2月からシーズン1を配信開始。25人の女性たちが初代バチェラー・久保裕丈さんを巡って競い合った。

公式サイトに「CyberAgent」のロゴ

幼少期をニューヨークで過ごした小柳津林太郎さんは、帰国後、慶應義塾大学経済学部を卒業。就職して以降は、持ち前の語学力とビジネスセンスを生かして、海外事業立ち上げにも携わり、35歳の若さでIT企業の幹部を務めている。

公式サイトでは、凛々しいスーツ姿や仕事風景、休日にバスケットボールで汗を流す様子などが公開されている。

その中の社内風景を写した1枚に「CyberAgent」のロゴが確認できることから、IT企業=サイバーエージェントでは? と話題に。

実際、小柳津さんの肩書きをみると、サイバーエージェントの連結子会社・株式会社CyberXを設立した経歴や、2014年にはサイバーエージェントSGE統括室の設立したという紹介もされている。

そのため「バチェラーに選ばれるイケメンがいるサイバーエージェント、すごい」「女性もサイバーエージェントのキラキラ女子社員でいいのでは?」などの声もあがっている。

なお「バチェラー・ジャパン」では8月10日(木)まで、小柳津さんの結婚相手となる女性参加者20人を募集中だ。

最終更新:7/27(木) 17:50
KAI-YOU.net