ここから本文です

サラダにタンパク質をプラスしてパワーアップ!血流を改善し、冷えを防ぐ「マグロとアボカドの和風タルタルサラダ」

7/27(木) 17:20配信

OurAge

暑い夏は冷たい料理に食指が動く。そこでおすすめなのが「パワーサラダ」だ。そもそもサラダは女性が好きなメニューだが、肉や魚介、チーズ、卵、豆などをプラスしてパワーアップ。野菜が持つ豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろんのこと、美肌や美ボディ、元気な毎日に欠かせない栄養素である「タンパク質」がプラスされ、よりヘルシーに。必要な栄養素が、ひと皿でバランスよくとれる。

この、タンパク質をプラスした「パワーサラダ」の条件は3つ!
1.良質なタンパク質がしっかりとれる食材が必ず入っていること。
2.ビタミン、ミネラル、食物繊維など、女性を元気にする栄養が豊富なこと。
3.加工食品を極力避けて、添加物の摂取を減らすこと。

夏は電車やビル内の冷房などで案外体が冷えているもの。冷えて血流が悪くなると、全身に血液が行き渡らず、内臓の冷えや肌のくすみのほか、さまざまな不調の原因になる。そんなとき、 青魚に含まれるDHAやEPAが血流改善に役立つ。

DHAには血液サラサラ効果に加えて、脳の神経細胞を活性化して脳の老化を予防する効果もある。EPAには血管をしなやかにし、血栓をできにくくする働きがあり、動脈硬化予防にも期待が持てる。

そこでご紹介するのが「マグロとアボカドの和風タルタルサラダ」だ。アボカド独特の濃厚な味わいが マグロの旨味をよりリッチに 演出する。このふたつにさらに野菜を加え、栄養豊富な和風サラダ仕立てにしたレシピだ。
マグロはDHAやEPAが非常に豊富で、上記のように血流や血管の改善に効果がある。アボカドに含まれるビタミンEには 血行を改善し、若々しさを保つ働きがある。

分量は2人分、このサラダでとれる1人あたりのタンパク質は14.6g、食物繊維は1.9g。
●マグロ100g、アボカド1/2個、きゅうり1/4本は、1.5cmの角切りにする。玉ねぎ1/8個はみじん切りにして水にさらし、辛味を抜く。大葉3枚はせん切りにする。ボウルにオリーブオイル小さじ2、うす口しょうゆ小さじ2、レモン汁小さじ1、わさび小さじ1/4、塩・黒こしょう各少々を合わせ、マグロ、アボカド、きゅうりと、水気をきってよく絞った玉ねぎを加えてあえる。器に盛り、大葉をのせる。

おかずとしても、つまみとしても、栄養豊富で魅力的な一品。ぜひお試しを!

最終更新:7/27(木) 17:20
OurAge