ここから本文です

「電気飛行機」の時代は2045年にやってくる──その実現に向けたシナリオ

7/27(木) 18:50配信

WIRED.jp

空飛ぶタクシーが高層ビルから高層ビルへと飛び回るような未来。電気飛行機が空を飛ぶために重要なのは、重さとエネルギー密度である。それが克服され、電気飛行機の時代はシンギュラリティとうたわれる「2045年」に現実のものとなると予測される。その実現に向けたシナリオとは──。

エアバスの「空飛ぶクルマ」、その未来的なデザイン

飛行機の未来について考えたとき、やはり思い浮かべるのは電気飛行機だろう。空飛ぶタクシーが高層ビルから高層ビルへと飛び回り、飛行機が静かに大海原をクルーズするように。どこにでも自由に行ける未来の旅行者が、はたして化石燃料に頼ることになるなんてあるのだろうか。

電気飛行機は誇大宣伝されがちだが、航空宇宙企業やヴェンチャー企業が展開しているコンセプトはほとんど実現不可能と言っていい。空を飛ぶには大量のエネルギーを必要とするため、電気エネルギーで飛行するには蓄電技術の一大革新が必要となる。もしくは、飛行機専門家のリチャード・アブーラフィアが話す、空飛ぶクルマのアイデアのような「飛行機の奇跡」が必要となる。

先行するEVの状況を考えてみる

問題は電気飛行機を実現させるには、現状は必要な動力対重量とコストを提供できておらず、今後もしばらく提供できないということである。テスラの「モデルS」が335マイル(約540km)の走行を可能にし、シボレーが「ボルト」から200マイル(約320km)を絞り出すことを可能にした程度の技術改善では、最小の飛行機を最小限度の距離を飛ばす以上の動力を十分提供できない。

そこで質問だ。この飛行機の未来のために、どれくらいの“奇跡”が必要なのか。そして、その奇跡が起きる可能性はあるのだろうか。

現在の調査では楽観的だ。電気自動車(EV)について考えてみよう。テスラの最も堅牢なセダンであるモデルSは販売価格が「6桁のドル」(1000万円台)とはいえ、満充電で335マイルを走る。シボレーは現在、走行距離238マイルで30,000ドル(約336万円)するコンパクトカーのボルトEVを売り出している。

そしてテスラは2017年夏、新車種「モデル3」で巻き返し、EVの地位をもっと強固なものにするに違いない。一方、化石燃料を必要としない1人か2人乗りの飛行機は、訓練には最適なものだが、空港間を移動するようなものではない。

エンブリー・リドル航空大学の飛行研究センターを運営するリチャード・パット・アンダーソンは、「誰もがEVを見て、電気飛行機も同じように動くだろうと考えたのだと思う」と指摘する。「でも、これらは異なるものだ。車は手軽な費用でコンパクトなバッテリーが必要だが、飛行機の場合はコストはそこまで気にしない。重要なのは“重さ”だ」

1/4ページ

最終更新:7/27(木) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。