ここから本文です

バルサがユナイテッド戦1-0勝利! メッシとのホットラインからネイマールが決勝弾

7/27(木) 10:28配信

Football ZONE web

バルサはMSNトリオ、ユナイテッドは新戦力ルカクらメーンキャストが勢揃い

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間26日にアメリカで行われ、現在パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍の噂が取り沙汰されているブラジル代表FWネイマールのゴールでバルサが1-0と勝利した。

【動画】巧みなターンから冷静な一撃! ユナイテッド戦、ネイマールが決勝弾を決めたシーン

 バルサは現在ピッチ外での注目の的となっているネイマール、そしてアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの「MSNトリオ」、ユナイテッドは新加入のベルギー代表FWロメル・ルカクらが先発するなど、新シーズンに向けてのメーンキャストが勢揃いした。

 試合は開始2分にユナイテッドがショートカウンターから右サイドのクロスに対し、ルカクがスライディングで、その直後にはネイマールが巧みなドリブルでシュートまで持ち込むなどオープンな展開となった。28分にはネイマールが右45度から抜け出てシュートを放ったが、相手GKダビド・デ・ヘアに防がれた。

 しかしその3分後だった。メッシのドリブル突破からのスルーパスを相手DFバレンシアに阻まれたかに見えた。しかし即ネイマールがボールを奪い取ると、冷静にグラウンダーのシュートを突き刺して先制点をゲットし、前半を1-0で折り返した。

 後半に入ると両チームとも大きくメンバーを変更。バルサはスペイン代表DFジェラール・ピケやMFアンドレス・イニエスタらGK以外の10人を総取っ替え。ユナイテッドはベルギー代表MFマルアーヌ・フェライニらを投入した。後半は両チームともペースダウンし、バルサFWパコ・アルカセルが決定機を迎えたがユナイテッドのGKセルヒオ・ロメロが止めるなど、スコアが動かない展開となった。

 日本円にして287億円とも言われる移籍金でPSG移籍が噂されるネイマールだが,メッシとのホットラインは相変わらずの破壊力であることを証明した。このコンビはリーガ、そしてUEFAチャンピオンズリーグでも目にすることはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/27(木) 10:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新