ここから本文です

「SUGOの魔物」にホンダが飲み込まれ、昨年GT王者が乱戦を制す

7/27(木) 18:35配信

webスポルティーバ

 2017年のスーパーGTも中盤戦に突入。7月22日~23日、シリーズ第4戦が宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。

【写真】ホントなのか?「トロロッソ・ホンダ」

 昔から「SUGOには魔物が棲む」と言われており、毎年必ずといっていいほど、通常では起こり得ないような波乱が次々と発生する。雨模様となった決勝レースは、今回もまったく予想がつかない展開の連続だったが、その荒れたレースを制したのはナンバー1のDENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/平手晃平)だった。

 第4戦のスタート前は、雨が降ったり止んだりと、微妙なコンディション。天候が回復するとみて晴れ用のスリックタイヤを履くか、それとも雨が降り続くことを想定して雨用のウエットタイヤを選ぶか......。スタート直前のグリッド上は、いつも以上の緊迫感に包まれていた。

 そんななか、予選7番手からスタートの1号車はウエットタイヤを選択。結果、この判断は吉と出て、スリックタイヤを選んだライバルたちは1周目から大きく後退した。さらに5周目にはGT300クラスでアクシデントが発生し、早くもセーフティカーが導入される波乱の展開となる。

 スタート序盤は、予選1位から3位を独占したホンダNSX-GT勢がレースをリード。それに対し、ウェイトハンデが比較的軽い1号車のヘイキ・コバライネンは積極的に攻めていく。

「スタートするときはドライでもなければウエットでもなく、非常に難しいコンディション。僕たちはハード目のウエットタイヤを選択したが、結果的にそれがベストなチョイスだった」(コバライネン)

 29周目には3番手に浮上し、その後2台に抜かれて5番手に下がるものの、直後の41周目に後方でアクシデントが発生して2度目のセーフティカー導入となる。46周を終えたところでレースが再開されると、3番手を走っていたWAKO’S 4CR LC500(ナンバー6)はピットインするが、1号車は先行するRAYBRIG NSX-GT(ナンバー100)、Epson Modulo NSX-GT(ナンバー64)、MOTUL AUTECH GT-R(ナンバー23)の3台とともにコース上にとどまる選択をした。

 1号車はなぜ、コース上にとどまる判断をしたのか――。レース後に話を聞くと、そのとき先行していた6号車とはピットが隣同士で、彼らと同時にピットインすると自分たちの作業スペースが十分に確保できず、余計なタイムロスが生じるリスクを考えたという。SUGOは他のサーキットと比べてピットレーンが狭く、過去にはレース中にほぼ全車が同時にピットインし、大混乱になったこともある。

 これに似た状況を避けるため、1号車は1周多く走行してから47周終わりでピットイン。すると、この直後にまたアクシデントが発生し、3度目のセーフティカー導入となった。

 これが、レースの勝敗を分けた瞬間だった。

 スーパーGTのルールでは、セーフティカー先導中はクラスごとに隊列を整理する。このときに同一周回のマシンは、トップのすぐ後ろに並ぶことができるのだ。その結果、1号車は前の周にピットに入った6号車をはじめとする集団を周回遅れにした形で逆転し、しかもピットインせずに先行していた3台には周回遅れにされずに直後につけるという絶好のポジションを得た。彼らはこのあとピットインを行なわなければならないため、特にレース前半で好走していたホンダ勢のNSX-GT2台には不運としか言いようがない。これにより、1号車とS Road CRAFTSPORTS GT-R(ナンバー46)が有利な展開となり、レース後半は彼らの一騎打ちの戦いとなった。

 コバライネンからバトンを受け取った平手晃平は、今季初優勝に向けて後続を振り切ろうとするが、追いかけてくる46号車はGT500で3度チャンピオンに輝いている本山哲がドライブ。SUGOラウンドでの優勝をかけたバトルは最終ラップまで続くことになる。最後は突然降り出した雨の影響で2台ともコースオフし、接触するシーンもあったが、なんとかトップを守りきった1号車が先にチェッカーフラッグを受けて今季初優勝を手にした。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか