ここから本文です

【MLB】「1球のファウル」が生んだ心温まるドラマ パパ落球で息子号泣も…“笑撃”の結末

7/27(木) 19:06配信

THE ANSWER

悲運の家族をテレビ局直撃…お父さんのファウル落球から生まれた珍ドラマが話題

 米大リーグでダルビッシュ有が所属するレンジャーズは25日(日本時間26日)の本拠地マーリンズ戦に10-4で勝利。この試合で、3000本安打に迫るエイドリアン・ベルトレ内野手がスタンドに放ったファウルボールが心温まるドラマを生み、この模様をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が特集している。

【動画】ボールに届かない左手、ビールをこぼす右手、泣く息子…お父さんの“エラー”からテレビ局直撃まで「1球のファウル」が生んだドラマの一部始終

 2回表のことだった。先頭打者のベルトレはダン・スタイリーの4球目を強振。右翼ポール際に飛んだフライは惜しくも切れ、ファウルゾーンの客席に飛び込んだ。

 この打球で主役になったのは「パパ」だった。

 妻と息子と並んで観戦していたグリーンのポロシャツ、白の短パン姿のお父さんは立ち上がり、打球に反応。ビールを右手に持ちながら、打球に左手を伸ばしたが、ボールは指先をかすめて後方へ。跳ね返ったボールは他の観衆が素早く反応し、ゲットしていた。そして、右手のビールもこぼすという最悪の結末に……。

 両親の間に座っていた少年は念願のボールをゲットしそこね、落胆を隠しきれずに泣き始めた。

 パパの痛恨の“失策”は地元テレビ局「FOXスポーツ・サウスウェスト」も見逃さなかった。「グリーンのシャツの男性はボールをキャッチできず、ビールも失いました」と解説者は失策の状況を説明していた。

テレビ局直撃でまさかの展開? 最後は少年も笑顔「気持ちは…グッド!」

 だが、ここで終わらないのはメジャーリーグ。テレビ局の女性リポーターが悲運の家族を試合中に直撃したのだ。

「パパはボールをキャッチできずにビールを犠牲にしました。妻と子供を守りましたが、手ぶらになってしまいました」と話しかけたが、テレビ局側は涙に暮れていたルーク少年を「この試合最高のファン」に選出する粋な計らいを見せた。

 記念品とサインボールをゲットすると、両親も満面の笑み。「どんな気持ちですか?」と質問されたルーク君はうれしそうに「グッド!」と一言。レンジャーズファンの家族も、夏の最高の思い出をゲットしたはずだ。

 このルーク少年一家に訪れた心温まるドラマは「Cut4」も特集。ビールをこぼしながら“失策”する瞬間をスローモーションで再生し、紹介している。ビールとファウルボールを失ったが、「ルーク少年はファン・オブ・ザ・ゲームとして表彰された。記念品とともに試合球も手に入れた。悪い取引ではないよね」とレポートした。

 観衆をも積極的に巻き込むメジャーらしい、ほっこりするようなエンディングになっている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/27(木) 19:06
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。