ここから本文です

観客9万人超の一戦、シティが欧州王者レアルを4-1圧倒 デ・ブライネが3得点に絡む活躍

7/27(木) 14:31配信

Football ZONE web

均衡を破ったのは後半7分、デ・ブライネのCKから最後はDFオタメンディが先制弾

 インターナショナルチャンピオンズ(ICC)のアメリカラウンド、マンチェスター・シティ対レアル・マドリードが現地時間26日に行われ、後半に猛攻を実らせたシティが4-1で快勝した。

【動画】マルセロが神リフティング動画を公開! 最後には謎のダンスも披露

 ジダン監督率いるレアルはFWベイルとFWベンゼマの2トップ、トップ下にMFイスコが入る布陣でスタート。合流が遅れている主将のDFラモス、FWロナウドを除けばベストメンバーに近い構成となった。対するペップ・グアルディオラ監督のシティではレアルから加入したばかりのDFダニーロが左サイドバックで先発出場。高額移籍で話題のDFウォーカー、GKエデルソンと新戦力を3人先発に起用した。

 レアルはフリーマンとしてピッチを縦横無尽に走り回るイスコと、新10番のMFモドリッチを中心とした攻撃でチャンスを演出。しかし、先発したベイルもまだトップコンディションからは遠い様子で、得点を挙げられないまま前半を終えた。

 そして試合の均衡を破ったのは後半に入って勢いを増したシティだった。後半7分、MFデ・ブライネの右CKからDFストーンズのヘディングシュートがGKに弾かれたところをDFオタメンディが押し込んで先制。同14分にはデ・ブライネの針の穴を通すような鋭いスルーパスに抜け出した途中出場のFWスターリングが右足で決めてリードを広げた。

レアルは後半15分過ぎに10人総入れ替え

 レアルは後半15分過ぎにフィールドプレーヤー10人を総入れ替え。新加入MFセバージョスや下部組織所属選手ら若手主体のメンバーに切り替えた。対するシティも選手交代を行いながら、同22分には再びデ・ブライネのラストパスからストーンズが右足のシュートを放ち、試合の行方を決定づける3点目をゲット。同36分にはMFディアスがエリア外からのミドルシュートでダメ押しの4点を決めた。レアルも同45分にMFオスカルが強烈なスーパーミドルを決めて1点を返すも、直後にタイプアップを迎えた。

 9万3098人という大観衆が詰めかけた一戦はデ・ブライネが3得点に絡む活躍を見せたペップ・シティが欧州王者のレアルを圧倒する結果となった。新戦力のウォーカーとダニーロの両サイドも威力を発揮するなど、プレミアリーグ開幕に向けて上々の仕上がりを見せた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/27(木) 15:17
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新