ここから本文です

夏に発生する「メイク崩れ妖怪」になっていない?

7/27(木) 21:01配信

集英社ハピプラニュース

夏、炎天下やオフィスに響き渡る悲鳴。そこにはひとり、またひとり……「メイク崩れ妖怪」に取りつかれた女性たちの姿が。プロの崩れ防止技を覚えて、さあ、妖怪退散!

40代美容のお悩みを解決!

☆教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティスト 山本浩未さん
その人の魅力を引き立たせるメイクはマリソルでもおなじみ。近著に『おとなメイクは白・黒・赤だけでいい』(宝島社)がある

■メイク崩れ妖怪「ムラムラ」

性質 :暑さで流れ出た汗を巧みに駆使。ベースメイクを溶かして顔面をムラムラに

活動時間帯 :気温が最も高い午後2時がピーク

生息地 : 全顔

取りつかれやすい人 :ベースメイクを厚塗りしている人

■対策

「ファンデーションの量は少なく。そのためには一度指で塗った後、ブラシでなでるか、何もついていないスポンジでパッティングして余分をとります。表面に凹凸があるとムラの原因になるので、最後に拡大鏡で確認」

■お守りアイテム

とにかく持ちのいいファンデーションで妖怪退治
(右)日中の皮脂量に応じてツヤを調整。シンクロスキン ファンデーション グロー ルミナイジング  フリュイドファンデーション 全6色30ml¥5,000/資生堂
(左)下地は不要。軽い感触で美肌をキープ。リサージカラーメインテナイザー 全14種30g¥4,500/カネボウ化粧品

ブラシ&スポンジ使いで惨劇を回避
(右)持ちやすい厚さ。スポンジパフ アーティストタッチ(乳化タイプ用)119¥850/資生堂 
(左)根元=厚く、先=平らな形が◎。ファンデーションブラシ¥5,000/アディクション

撮影/国府 泰(物) イラストレーション/白ふくろう舎 取材・文/入江信子 構成/原 千乃