ここから本文です

ノートPC、電池、リモコン…。小さなシールで使用時の「イラッ」を解消するワザ

7/27(木) 20:10配信

ESSE-online

せっかく使いやすく収納しているはずなのに、いざというときにうまく使えず、イラッとしたことはありませんか?これ、結構ストレスです。そんなイライラを解決するのが、小さな印をつけること。重要なポイントを目立つように工夫するだけで、いろいろ便利になるそう。
「視覚に入ってくる情報がわかりやすいと、こうしたストレスをなくすことができます。わが家ではちょっとした工夫で回避しています」
そうアドバイスするのは思考と空間の整理のプロ、ライフオーガナイザーの森麻紀さん。ストレスなく、一連の動作がスムーズに流れるための工夫を教えてもらいました。

「印つけ」で重要なポイントを目立たせると、使いやすさがぐっとアップ!

●症例1 ノートパソコンの充電にイラッ

わが家のノートパソコンの電源の差込口は横ではなく、背面にあります。そのため、差込口は座ったままでは見えません。普段はコードを繋いでいないので、繋ぐタイミングといえば「充電がきれる!ヤバイ!」というとき。焦るのに、手探りではどこに差込口があるのかの見当がつかず、イライラしてきてしまうわけです。でも、写真のように印をつければそのイライラも簡単に解消。

●症例2 デジタルカメラの充電池にイラッ!

電池のプラスマイナスを見れば、どちらの向きに入れればいいのかわかるし、充電池自体に印がついているものも多いのですが、その印が小さすぎて見にくいのです。中を覗き込み、わざわざ電池の裏側を確認するのも面倒なので、印をつけました。充電池の留め具にはどれもなにかしら色がついているので、そちら側にシールをはり、入れるときに迷わないようにしています。

●症例3 エアコンのリモコンにイラッ!

今の季節、おやすみタイマーでセットしたエアコンが途中で切れてしまい、夜中に目を覚ますこと、ありませんか?わが家はまさにそれです。そんなときに大助かりなのがこちらの印。

リモコンの真ん中が除湿なのは覚えていても、右か左、どちらが冷房なのかが寝ぼけた頭と眠い目ではすぐに判断できないのです。わずかな明かりでも、どれを押せばいいのかわかるように印つけをしています。冬は「はってない方」と覚えれば、とても快適に眠れるのです。

1/2ページ

最終更新:7/27(木) 20:10
ESSE-online