ここから本文です

海外留学経験なしでも国際会議は乗り切れる

7/27(木) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

● ネイティブでないなら誰だって 英語の会議に苦労している

 みなさんこんにちは、澤です。

 私が在籍するマイクロソフト社は、7月が期初になります。今の時期は、様々なキックオフ的イベントが多く、私もずっとアメリカに滞在する生活です。

 マイクロソフトでの私の肩書は「マイクロソフトテクノロジーセンター センター長」で、同じ立場の社員は世界中に50名います。そのうちの大半が集まって、ちょっとしたインターナショナルな社内会議が行われました。20名ほどはアメリカ、あとはすべてアメリカ以外の地域から来ています。日本人はもちろん私一人です。

 共通言語は英語ではありますが、発音や話し方は様々。とてもバラエティに富んだ英語を聴くことのできる非常に面白い会議です。私は海外留学経験がなく、ネイティブで英語を話すことができるわけではありません。苦手意識がある方ではないのですが、それでもやはり英語での会議となると非常に苦労しているのが現状です。

 もしかしたら、皆様の中にも急に会社の公用語が英語になってしまったり、外資系と合併したことで英語でのミーティングが開かれることが増えたりした人もおられるでしょう。あるいは、「そろそろ日系企業を卒業して外資系にチャレンジしたいけど、英語が心配だな…」という人もおられるのではないでしょうか。

 私も苦労しているとはいえ、まがりなりにもグローバル企業にいるわけですし、ましてやグローバル仕事人のための記事をこうやって書いているわけですから、弱気なことは言っていられません。いかにして完全に日本育ちの1ビジネスパーソンが、どのようにこのような場を乗り切ったのかを皆様と共有したいと思います。今回の記事は、英語に苦手意識を持っていたり、何か英語で話すきっかけを探したりしている人向けに書かせていただきます。

● 英語の会議では 「とにかく何か言う」だけでOK

 日本人が英語を苦手としがちな理由については、様々な考察がありそれぞれに一理あるようです。

 マイクロソフトのリサーチ部門が以前共有してくれた数字の中には、「中国語→英語」と「日本語→英語」を機械翻訳しようとすると、17倍複雑な処理が必要だそうです。それくらい、日本語は英語やほかの言語と違っており、日本人が英語を話すというのは全く違う脳の使い方をしなくてはならないということになります。とはいえ、できない理由を探索していたところで意味はありません。グローバル仕事人たるもの、日本人が一人だけで英語ミーティングにおいて何をすればいいかというと、「とにかく何か言う」、これに尽きます。

 知人から教えてもらったのですが、コミュニケーションスタイルにはお国柄があることを、アメリカのMBAスクールで球技になぞらえて教えているそうです。欧米は、とにかく言葉をやり取りし続ける会話を好む傾向があることから、バスケットボールに喩えられます。5対5で試合をするバスケットボールにおいて、何もしない人がいると邪魔になってしまうので、交代を促されます。会議でも、何も話さないということは「いても意味がない」ということで次から呼ばれなくなったりします。

 BRICsをはじめとする経済新興国に多いのは「ラグビー」のようなスタイル。ボールを持ったら、タックルされるまでひたすら話す、みたいなスタイルですね。確かに、私の参加したミーティングでも、インド人が話し始めると止まらなくなることが多々ありました。自己主張することが美徳とされている国も多く、遠慮していたら全く会話に入ることができません。

 そして日本は何だと思いますか?

 日本はボウリングに喩えられているのです。自分の場面が回ってくるまでじっとしていてOK。ほかの人が投げるときは邪魔してはだめ。しっかり順番は決まっているので、慌てる必要もない。なんとなく納得してしまうのは、私だけではないはずです。

 さすがに、ボウリングのルールでグローバルな面々の揃うミーティングに出ては、一生順番なんて回ってきませんし、私がこの連載でよく言っているように「アウトプットすることこそが価値を生む」という観点でもこれはいただけません。ということで、なんでもいいからとにかく発言した方がよいのです。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

8月12日・19日合併号
発売日8月7日

定価740円(税込み)

特集 制度改悪に備える
家族の介護
特集2 隠れ倒産急増!
危ない会社の見分け方