ここから本文です

太もものセルライトにも 押しながら動かすマッサージ

7/27(木) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 今回紹介するアンチエイジングデザイナー・村木宏衣さんの「押しながら動かす」マッサージは、足首から、どんどん上へ行っていくもの。ふくらはぎだけなど、気になる部分のみを行ってももちろんOKですよ。

【関連画像】足の甲を両手で包み、骨の間を足先から足首に向かって、手の親指でなぞるようにほぐしていく

* * * *

 今回紹介するアンチエイジングデザイナー・村木宏衣さんの「押しながら動かす」マッサージは、足首から、どんどん上へ行っていくもの。

 全プロセスを行うなら、まずは足から足首にかけてマッサージ。「指のまたは薄いため、動脈と静脈が毛細血管を介してつながるポイントを刺激しやすい。まず指のまたをほぐすことから始めて」と村木さん。

 続いて、ふくらはぎへ。2つの「押しながら動かす」手技を行おう。ふくらはぎを押しながら、つま先をパタパタと上下させる。ふくらはぎの筋肉のポンプ作用を利用するため、深層のリンパや血液の流れを良くし、効率よくむくみを解消できる。

 最後は太ももだ。「太もものセルライトは、むくみ同様、リンパと血液の滞りが一因。解消は難しいが、このマッサージで予防できる」と村木さん。最後に、リンパ節の集まる脚の付け根、そけい部を刺激しながらひざを揺らし、リンパを体の中心に向かって流そう。

【足首】キュッと引き締まった足首に!

指また→水かき→足首と、足先から足首に向かって行う。足の骨を掘り起こすようなイメージでマッサージしよう。

●(1)指のまたをほぐす
両手で足先を包み、親指を使って、足指の間を痛気持ちいいくらいの強さでほぐす。各指またを10回ずつほぐす。

●(2)骨と骨の間をなぞって流す
足の甲を両手で包み、骨の間を足先から足首に向かって、手の親指でなぞるようにほぐしていく。各10回ずつ。

●(3)足首をぐるぐる回す
左手で左足のくるぶしの下にあるくぼみをしっかりとつかむ。右手の指を左足の指の間に入れて、10回回す。逆回りも10回。右足も同様に。

●(4)アキレス腱を掘り起こす
人差し指の第2関節で、くるぶしの骨をなぞるように円を描く。足首の両側から同時に行う。そのまま少しずらしてアキレス腱のあたりまで計10回。右足も同様に。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2017年9月号

価格:600円(税込)

朝夜5分!で下腹を凹ませる
新発見!体内時計が決め手下腹凹む7習慣
夏の不調・お悩み別栄養素ガイド
一生続く!美髪・美肌マル秘テク

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事