ここから本文です

<それってどうよ>LGBTと私〈サンデー毎日〉

7/28(金) 12:00配信

mainichibooks.com

 ◇OL400人は考える・それってどうよ!?509=池野佐知子

"LGBT"という言葉、かなり知られてきました。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)の頭文字を取った名称で、性的少数者と同じ意味で使われる場合もありますが、厳密には性の多様性を肯定する概念です。

 最近では日本でも、同性カップルに対し結婚に相当する証明書を発行する自治体や同性カップルを認める企業も。OLさんの周りでは、LGBTはどのように捉えられているのでしょうか?

   ◇   ◇   ◇

「LGBTに偏見はないです。実際、友達にもいるし、ゲイバーのお姉さんたちに人生のアドバイスを聞きに行くこともあるし。でも先日、思いがけず女友達から告白されちゃったんです。意外も意外! 親友くらいに思っていた5年越しの友達だったので、正直困りました。そういう状況になると、やっぱり恋愛対象は男性なんだと思い知らされる。偏見がないと言えるのか、微妙なところと実感。でも、偏見のない人間でありたいと思っています」(アパレル・27歳)

「うちの社はむちゃくちゃフランク。外資系ということもありますが、ゲイカップルがいるし、レズビアンカップルもいます。最初は正直びっくりしましたが、人が人を好きになるというのは、性差ではないんだなぁと実感。自由はステキです」(外資系調査・25歳)

「小中高と女子校だったので、けっこうありました。私も、もしかしたらレズビアンかも?と思ったりもしたけれど、大学入ったらカッコイイ男子がいっぱいいて、男子とお付き合いを。でも、気分的には男子も女子もどっちも好き。『私はフリーダム!』という気分です」(飲料水・25歳)

「会社に明らかなゲイカップルがいます。本人たちは隠しているんですが、社内恋愛が隠していてもバレるのは一般的。弊社は古臭い会社で男女の恋愛がバレたときはどちらかが異動させられます。が、彼らはまだ離れ離れになっていません。そのあたりどうなのかしら、と思うのですが、恋する気持ちはステキです」(都市銀行・25歳)

1/2ページ

最終更新:7/28(金) 12:00
mainichibooks.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

mainichibooks.com

毎日新聞出版

サンデー毎日 毎週火曜発売
週刊エコノミスト 毎週月曜

「mainichibooks.com」では
サンデー毎日、週刊エコノミストの
記事をご覧いただけます。