ここから本文です

“途中移籍”助っ人の衝撃。ブライアントの場合

7/28(金) 11:30配信

週刊ベースボールONLINE

“三振かホームラン”の豪快な打撃

 7月26日、巨人から楽天への金銭トレードが発表されたルイス・クルーズ(33歳)が、同日夜のソフトバンク戦(Koboパーク宮城)に、いきなり「六番・遊撃」でスタメン出場。攻守の活躍で首位決戦の勝利に貢献し、お立ち台にも上がった。

 過去、シーズン中に日本球界内のトレードで移籍し、いきなり活躍した外国人選手となると中日から近鉄へ移籍したブライアントがいる。移籍2年目にはV争い佳境での伝説の4打数連弾を含む49本塁打、121打点と打ちまくって1989年の近鉄リーグ優勝に貢献し、MVPに輝いた。“三振かホームラン”を地でいく豪快なバッティングで、日本球界での8年でホームラン王3回、三振王が5回となっている。

 ブライアントは81年6月のドラフトで指名され、ドジャースと契約。しかしマイナーではよく打つのだが、メジャーでは確実性のなさが低評価となり、3年間、79試合の出場にとどまった。87年オフ、日本の中日ドラゴンズからオファーがあった際には、当時のラソーダ監督に直接、「来年は出番があるか」と尋ねたが、「少ないだろう」の返事。チャンスを求め、日本行きを決意した。

思わぬところから舞い込んだ幸運

 88年来日。ただし、当時外国人選手の一軍登録は2人だけ。中日はゲーリー、郭源治が好調で食い込む余地がなく、開幕から二軍生活が続いた。ブライアントは当時について「苦労した記憶しかない。朝が早いし、練習がハード。日本語が理解できないのに通訳もいない。まるで軍隊生活をしているみたいだった」と振り返る。

 しかし、思わぬところから幸運が舞い込む。近鉄のデービスが大麻不法所持で逮捕され、解雇。急きょ申し出があり、6月27日、近鉄への金銭トレードが決まった。

 そこから打ちまくる。最初の5試合で勝利打点4と鮮烈デビュー。閉幕までに74試合の出場ながら打率.307、34本塁打、73打点。チームは2位で終わったが、あの「10.19」に向けた快進撃の立役者となる。

 その陰には、近鉄の中西太コーチとのマンツーマンの練習があった。「肩が開かないこと、アッパースイングになり過ぎないことだけを言って、ひたすらトスバッティングをやった。前から投げたり、横から投げたり、いろいろやりながらね。ボールがワシの体に当たったり、バットが手に当たることもしょっちゅうや。長いときは40分くらいやったね。アイツには日本で絶対に成功しなきゃというハングリーさがあった」と中西氏は振り返る。

 助っ人に限らない。幸運と努力。その2つが重ね合わさったとき、シンデレラ・ストーリーは生まれるのだ。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)