ここから本文です

【高3の夏】巨人 立岡宗一郎「すぐに野球をやりたい気分になりました」

7/28(金) 12:00配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手やスタッフに毎週決まったお題について語ってもらうコーナー。今週のお題は「高3の夏」です。

巨人・立岡宗一郎「すぐに野球をやりたい気分になりました」

 高3の夏は、県大会で負けて、寮から同じ熊本県内の実家に戻りました。野球をやらない時間を過ごすのが久しぶりだったので、最初はどう過ごしていいのか戸惑った記憶があります。

 友達の家に泊まりに行ったり、プールに行ったりしました。地元(芦北郡)が田舎だったので、川で遊ぶこともありました。泳いで、釣りをして。虫に刺されまくったけど、めちゃくちゃ楽しかったです(笑)。

 でも、すぐに野球がやりたいな、という気分になりました。夏休みが終わったら、後輩たちの練習を手伝って、一緒に練習させてもらって、結局、引退する前とあまり変わらない毎日に戻りました。やっぱり、野球が好きなんですよね。

ヤクルト・奥村展征「濃い時間で、野球以外の思い出がありません」

 高校3年生の夏、一番の思い出はやっぱり甲子園でベスト4を決めた試合ですかね(準々決勝の明徳義塾戦に4対3で勝利)。

 あのときは目標が4強入り。主将として、達成感がありました。僕はみんなの前で語れるタイプではなく、どちらかというとプレーで引っ張るタイプ。そういうのは、副キャプテンの水戸(卓)と浅沼(孝紀)がやってくれていましたから。

 山形県勢初の甲子園ベスト4ということで、盛り上がりはすごかったですよ。大阪から飛行機で山形へ、そこからバスで学校に戻ったんですが、たくさんの人が来てくれました。本当にめっちゃ濃い時間だったので、野球以外の思い出がほとんどない。それほど集中していたんだと思います。

中日・小川龍也「疲れた……その言葉しか出てきません」

 千葉英和高の最後の夏は、疲れた……。その言葉しか出てきませんね(苦笑)。千葉大会の木更津総合高との5回戦。延長15回まで1人で201球を投げ切り、再試合になりました。監督も「ここで負けたら仕方ない。お前と心中する」と言ってくれたので、やるしかなかった。試合後はしゃべる力もなく、帰ってすぐに寝ました。

 翌日が試合で、朝起きたときから体がだるかった。ブルペンで投球練習しても、まったく球がいなかくて……。結局、負けてしまいました。

 2日間でちょうど300球。もし勝っていても、その後も連戦だったのできつかったなと。次の日、クーラーのきいた部屋で高校野球をテレビで見たとき、一番幸せを感じました(笑)。

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

カープ&ホークス ペナント制覇!
広島・ソフトバンクの歓喜の優勝シーン
祝勝会&優勝会見再録