ここから本文です

「料理は愛。それが美味しいものの真実」ハワイの名店に隠された家族のストーリー【本田直之のThe Hawaii’s Best Restaurants】

7/28(金) 12:10配信

エイ出版社

本田直之氏によるハワイグルメのベストセレクション・4店目

レバレッジシリーズをはじめ累計300万部以上というビジネス書の著者として知られ、一方でハワイに通って26年、ハワイでデュアルライフをはじめて11年目という無類のハワイ好きでもある本田直之氏。

ハワイ好き・美食家必見! 本田直之氏が語る「ハワイレストラン史上最大の変化」とは?

連載【本田直之のTHE HAWAII’S BEST RESTAURANTS】では、彼が自腹で何度も通っているレストランを100軒選んで紹介した新刊『The Hawaii’s Best Restaurants』から、その一部をご紹介。コラム第4回は、料理だけではない、その裏にある家族の絆とストーリーを強く感じさせる、味わい深い名店の登場です。

知れば知るほど好きになる、ハワイを代表するベトナム系レストラン

いいレストランは、知れば知るほど好きになる店。美味しいだけじゃない、ならではの深みがある店だ。連載第4回目は、僕のそうしたいいレストランの定義を、わかりやすく証明してくれた1軒を紹介したい。ハワイ好きなら誰もが知るハワイを代表するベトナム系レストラン『The Pig and The Lady』だ。

ただ美味しいから、じゃない。僕がこの店を応援したい理由

「料理は愛。料理に愛を込めること。それがやっぱり、美味しいものの真実なんです」と語るオーナーのアンドリューがこの店の立役者だ。料理に興味を持ち、ニューヨークにある全米トップの料理学校『CIA』に入学。卒業後ハワイに戻ると『シェフ・マブロ』にて働き、独立を考えるタイミングで友人から声をかけられ、現在もカカアコにあるホットドック店『ハンクス』にてポップアップでコースディナーを提供した。もちろんその腕は確かなものだが、僕が彼とこの店を応援したいのは、ただ美味しいから……だけではない。

アンドリューと店そのものの経歴とは別に、実はアンドリューファミリーには、現在の店がオープンするに至るまでに、もう一つドラマがある。

母親が病に、家族も混乱……「だからこそ、僕は料理を作った」

「母が病気を患い、母の故郷ベトナムで過ごすことになったんです。その当時は、家族の誰もが混乱し自分を見失いそうになっていました。でもそんなときだからこそ、僕は料理を作ろうと思ったんです。病気のせいで身体の一部は不自由でしたが、手は動かせます。『今日は玉ネギを切ろう。明日はこの玉ネギを炒めようね』って、料理を通して自信をなくした母に働きかけようと思いました」

そうして少しずつ心身ともに回復し、ハワイに戻ったアンドリューファミリーはお母さんの身体のことを考えて、ポップアップではなくファーマーズマーケットの出店へと切り替えたのだが、これがハワイで大評判となり、2013年ダウンタウンに店を開くに至ったのだ。

「『The Pig and The Lady』は、実は一時的なプロジェクトの気持ちではじめたものだったんですが、ベトナムで料理を通して家族と向き合った結果、この店が『生きるための指針』になり、僕個人はもちろん家族のアイデンティティになったんです」

1/2ページ

最終更新:7/28(金) 12:10
エイ出版社