ここから本文です

仰天!ヘビの0.1秒の攻撃かわすネズミの「絶対防御」が明らかに

7/28(金) 17:08配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

23回の速攻をすべて防いだ驚異の反応速度、カウンターで頭にハイキックも

 米国カリフォルニアの砂漠にすむカンガルーネズミは、高温になる日中は体を休め、毒ヘビがとぐろを巻いて餌を待ち構えている夜間に活動する。

【動画】仰天!ヘビの0.1秒の攻撃かわすネズミ

 しかし、彼らは無防備ではない。新たな研究により、サバクカンガルーネズミ(Dipodomys deserti)はヨコバイガラガラヘビ(Crotalus cerastes、英名サイドワインダー)の素早い襲撃をかわす高度な技を持っていることが明らかになった。 研究成果は科学誌「Animal Behavior」8月号に発表された。

 ヘビに出会ったサバクカンガルーネズミは、予測不能なジャンプをしたり、ヘビの頭を蹴ったり、足を高速で踏み鳴らしたり、あるいはヘビの顔に砂をかけることすらして、その速攻をかわしている。

「サバクカンガルーネズミは驚異的なジャンプ力で危険を回避します」と言うのは、研究チームを率いた米サンディエゴ州立大学の博士課程学生マラカイ・ウィットフォード氏だ。

 今回の研究のため、ウィットフォード氏らはヨコバイガラガラヘビに無線送信機を取り付けた。ヨコバイガラガラヘビは小型のガラガラヘビで、信じられないくらい忍耐強い。好みの餌が近くを通りかかるまで、何時間も、ときには何日間も待ち続ける。研究チームはヘビを追跡してその隠れ場所を特定し、近くに夜間撮影用のカメラを設置した。

 研究チームは、ヨコバイガラガラヘビとサバクカンガルーネズミの遭遇を36回記録した。その映像を超スローモーションで再生したところ、獲物をじっと待ち受けていたヘビがネズミに噛みつくまでの時間は約0.1秒だった。生死を決するこのわずかな時間に、ネズミはヘビの存在を察知し、反応し、逃げなければならない。

「分析結果は衝撃的でした」とウィットフォード氏は驚愕した。「驚異的な反応速度です」

すべて生き延びた

 一方、ヨコバイガラガラヘビの側は散々だった。彼らはネズミに23回襲いかかったが、攻撃がヒットしたのは1回きりで、そのネズミも無事に生き延びた。

 サバクカンガルーネズミたちは予想のつかない大ジャンプをし、強力な後ろ足でヘビの頭に蹴りを入れることさえあった。

「この反撃があるため、サバクカンガルーネズミはヨコバイガラガラヘビの恐るべき敵になっています」とウッドフォード氏は言う。

 さらに意外だったのは、襲撃される前にネズミがヘビに気づいたときには、毎回、怒った野球のコーチのように砂を蹴り、足を踏み鳴らして、ヘビの邪魔をしたことだった。

 ウッドフォード氏によれば、ときにはヘビの体が埋もれるほど大量の砂をかけて、隠れ場所を放棄させることもあったという。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事