ここから本文です

休日デニムには「刺しゅう」「小花柄」が好相性! 即おしゃれな着こなしは? [with]

7/28(金) 12:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

小物やアクセで盛るより、ずっとカンタン。手持ちのベーシック服を活性化するなら、一点でも“変わった感“が出せるキレイな色柄服に頼るべし。見た目は華やか、着心地はラクちん、そんないいとこどりのアイテムがこの夏、おしゃれの救世主に!

華やぐ刺しゅうにもデニムブルーを効かせてクリーンな印象に

インパクト絶大の刺しゅうワンピは、そのままでも可愛いけれど、デニムに重ねることでいっそう今っぽい表情に。色をそろえたり、ブラウン小物で引き締めるなど、あくまで上品に仕上げて。

淡いピンク×白デニム。ひとクセトップスは、まずは着慣れた配色で

ベビーピンクの柔らかな生地に刺しゅうを施したブラウスは、“ボヘ感“も強すぎず、初めての人にも取り入れやすいデザイン。靴やバッグをきれいめにアレンジすれば、通勤にだってOK!

誰にもハマると人気!フィット感抜群のフラワートップス

ゴムシャーリングをあしらったオフショルトップスは、絶妙なフィット感でズレ落ちる心配もナシ。小花の可愛さはもちろん、胸にボリュー ムがあってもなくても似合うのも◎。

ロングめワンピでも派手すぎないのが小花柄のいいところ

手描きのようなやさしいタッチのプリントや、グリーン×白のさわやかな配色がデイリー向き。

コーデに悩んだ朝は、羽織るだけでサマになる刺しゅうガウンを

シンプルなニットやTシャツなど手軽なトップスに頼りがちな夏に、一枚あるとうれしい羽織りもの。今年のいち押しは、刺しゅうをあしらった華やかなガウン。顔回りが明るく見える白が狙いめ。