ここから本文です

テスラの新型EV「モデル3」いよいよ発売!「秘密の公約」を振り返る

7/28(金) 18:31配信

WIRED.jp

テスラが2017年7月28日(米国時間)に新型の電気自動車(EV)「モデル3」を発売する。「手の届く」EVをつくるというイーロン・マスクの計画は、11年前に彼が掲げた「秘密の公約」に書かれたシナリオの通りに進んでいた。その道のりを、いま振り返る。

「イーロン・マスクの頭のなか」が理解できる8本のストーリー

テスラによる最新の電気自動車(EV)「モデル3」は、単なるお値打ち価格のEV以上のものである。そして、イーロン・マスクが掲げたテスラの壮大な計画において、まさに真打ち登場といったところである。

そう言うと地球征服を企んでいるようで、いささか人聞きが悪いかもしれない。だが実際のところ、マスクの役割はヒーローだ。彼が掲げてきたテスラの目指すところは、いつも同じだった。そう、持続可能なエネルギーへの移行を加速させることによって、地球を救うことである。

11年前に明かされた「秘密の計画」

ここで、マスクが2006年に書き残している考えを振り返ってみたい。彼が呼ぶところの「テスラモーターズ秘密のマスタープラン (ここだけの話です)」である。そこにはこう書かれていた。

----------

スポーツカーを作る
その売上で手頃な価格のクルマを作る
さらにその売上でもっと手頃な価格のクルマを作る
上記を進めながら、ゼロエミッションの発電オプションを提供する
これは、ここだけの秘密です。

----------

これまでマスクは11年以上もの間、この文章に沿って計画を実行してきた(「秘密にする」という部分を除いて、だ)。その道のりを、上の7分間の動画で見ることができる。

もちろん、いくつかの失敗や倒産の危機、そして生産上の問題もあった。だが、テスラは2,400台のスポーティな2人乗りオープンカーを生産・販売した。その売り上げで、今度はわずかながら低価格な「モデルS」と「モデルX」を開発する資金に充てた。並行して、テスラはSolar City[日本語版記事]を買収し、家庭用蓄電池と家庭用の太陽光発電をラインナップに加えた。

熱狂のなか、「世界の救済」の第一歩が始まる

いま、まるでiPhoneの新モデルが発売されるような期待の高まりのなかで、初めての「手頃な価格」のEVであるモデル3が納車されようとしている。テスラは過去の知見と教訓をすべて生かしながら、来年には50万台のモデル3を生産・販売する計画だ。

マスクはすでに、マスタープランの「パート2」を公表した。そこではピックアップトラック、トレーラー、そして完全な自動運転の実現を“公約”として掲げている。彼の世界征服──ではなく世界の「救済」を目指した計画は、まだ始まったばかりなのだ。

WIRED US STAFF

最終更新:7/28(金) 18:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

Yahoo!ニュースからのお知らせ