ここから本文です

MotoGPマシンをイメージした超クールな原付二種スクーター『シグナスX XC125SR Movistar Yamaha MotoGP Edition』

7/28(金) 19:10配信

@DIME

ヤマハ発動機は、スポーティな外観と走りで人気の原付二種スクーター『シグナスX XC125SR』に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージを再現した『シグナスX XC125SR Movistar Yamaha MotoGP Edition』を新たに設定。数量限定1300台で9月6日より発売を開始する。価格は32万9400円(税込み)。

「Movistar Yamaha MotoGP Edition」は、スタンダードモデルをベースに、レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色を施したほか、ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパーやスプリングのカラーをイエローとしたリアサスペンションなどを装備。さらにゴールドカラーの音叉マーク、Movistarロゴマークをあしらったグラブバーなどを採用した。

主な仕様として全長1895×全幅690×全高1115mm、118kg。シート高は775mm。燃料消費率は国土交通省届出値定地燃費値:43.3km/L(60km/h) 2名乗車時。WMTCモード値:38.6km/L(クラス1) 1名乗車時。エンジンは124cm3 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ。最高出力は7.2kW(9.8PS)/7,500r/min。最大トルクは9.9N・m(1.0kgf・m)/6,000r/min。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/28(金) 19:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年1月号
11月16日発売

定価600円

ヒット商品総まとめ&大予測
男を格上げする傑作カバン100選
人が10倍集まるInstagram活用術