ここから本文です

女性声優の第一人者ジューン・フォーレイが死去――アニー賞創設者の1人

7/28(金) 21:32配信

女性自身

85年のキャリアを持つ米国のベテラン声優、ジューン・フォーレイが26日、ロサンゼルスの病院で死去した。99歳だった。

12歳のときにラジオドラマに出演したことを皮切りに、声優としてのキャリアをスタート。アニメーション作品への初出演は、フォーレイ本人によるとディズニー映画『シンデレラ』の継母が飼っている意地悪なネコ、ルシファーだったという。その後はアニメーション映画、実写映画のボイスオーバーを数多く務めた。可憐な少女から魔女や老婆までを自在に演じ分け、「カートゥーンの女王」の異名をとった。

代表作には、1980年代に放映されたディズニーアニメ『ガミー・ベアの冒険』のグラミー、『ルーニー・テューンズ』のトゥイーティーの飼い主グラニーなどがある。テレビシリーズ『トワイライトゾーン』の第5シーズンではエピソード「Living Doll」で喋る人形ティナを演じた。

アニメーション業界の地位向上にも尽力し、国際アニメーション映画協会のハリウッド支部(ASIFA-Hollywood)を設立、1972年には”アニメのアカデミー賞”と呼ばれるアニー賞の創設に一役買った。

声優であることに大いなる誇りを抱いており、大作への有名俳優の起用について苦言を呈したこともあった。『シュレック』では、マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィー、キャメロン・ディアスが主要な役を担い、フォーレイら声優たちは脇役しかあてがわれなかった。フォーレイは「キャメロン・ディアスが『シュレック』1本で1,000万ドルのギャラをもらう一方で、1年に15,000ドルを稼ぐために死にものぐるいでがんばっている声優がいます。多くの若手声優は家族を持ち、家も買ったけれど、仕事をしてもまったく実入りがないのです。人間的にも素晴らしい人たちなのに」とロサンゼルス・デイリー・ニュースに語り、声優の置かれている現状を訴えた。

2012年には、『ガーフィールド・ショー』でエミー賞を受賞。当時彼女は94歳で、受賞者の最高齢記録を更新した。

最終更新:7/28(金) 21:32
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視