ここから本文です

元テスラ社員が創業の「電気バス」プロテラ 新工場で増産体制

7/28(金) 10:00配信

Forbes JAPAN

ドナルド・トランプは今年6月、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を宣言したが、カリフォルニア州では現在もなお、CO2の排出削減に向けた動きが続いている。



カリフォルニア州本拠の電気バスメーカー、プロテラは排気ガスを全く出さない電気バス「Catalyst」を製造する。同社は先日、ロサンゼルス郊外に2番目の工場をオープンした。

新工場でプロテラは100名の従業員を雇用し、年間400台の電動バスを製造しようとしている。カリフォルニア州知事のジェリー・ブラウンは工場の開設セレモニーの場で「製造現場で汗を流して働く人々に大いなる敬意を表したい。政治の世界では口先だけの連中が幅を効かせている」と祝辞を述べた。

ブラウンが新工場を訪れたのは、カリフォルニア州が温室効果ガスの排出削減に向けた動きを拡大していくことを定める法案に署名した翌日のことだった。「カリフォルニアは、この分野で世界をリードするポジションを今後もとっていく」とブラウンは述べた。

元テスラ社員のライアン・ポップルらが率いるプロテラは、米国全土の公共バスを電気バスに置き換えることを目標としている。トランプのパリ協定離脱宣言の直後の6月13日に、プロテラは5500万ドル(約61億円)のシリーズ6資金調達の実施を発表した。プロテラは今年1月にも1億4000万ドルを調達したばかりだった。同社は2018年にIPOを目指している。

ロサンゼルスでの工場開設は、今後の長期的成長を見据えてのことだ。ロサンゼルス交通局(LA Metro)は2000台以上のバスの全てを、2030年までに電動バスに置き換える計画だ。LA Metroは既に1億3800万ドルの予算を投じ、最初の100台の電気バスを購入することを決定した。しかし、プロテラはこの100台の受注を獲得できなかった。

LA Metroの広報担当者によると、この100台を受注したのは北米最大のバスメーカーであるNew Flyerと、中国の電気バスメーカーのBYDだという。BYDにはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイが出資を行い、8月にはカリフォルニアに新工場を開設予定だ。

しかし、プロテラはLA Metroからの残りの1900台に加え、全米各地からの電気バス需要を見込んでいる。プロテラは既にカリフォルニア州の運送企業Foothill Transitに17台の電気バスを納入済みだ。

プロテラの車両、Catalystの開発には元テスラのエンジニアらが関わり、電気バスとしては一充電あたりの走行距離が最も長い「Catalyst E2」を発表している。Catalystは一台70万ドルで販売される。これは従来のディーゼルや天然ガス駆動のバスよりも20万ドル以上の高値となるが、維持費用は大幅に軽減されるという。

ディーゼルバスの場合、1台あたり年間で6万4000ドルの燃料費やメンテナンス費用が必要だ。しかし、プロテラの電気バスの場合は「年間の維持コストが2万7000ドル程度に抑えられる」とプロテラの担当者は述べている。

Alan Ohnsman

最終更新:7/28(金) 10:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2018年1月号

株式会社アトミックスメディア

2018年1月号
11月25日(土)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。