ここから本文です

【福岡うどん愛】創業時から変わらないレシピで地域に根付く「因幡うどん」

7/28(金) 17:00配信

東京ウォーカー

1951年創業の博多うどんの老舗。福岡市内に5店を構える、地元民にとって馴染み深いうどん店だ。特に、薬院駅から徒歩すぐの三角市場に位置する渡辺通店は、学生からサラリーマン、年配者まで幅広い年齢層のファンが訪れる。

【写真を見る】ゆで上がった状態で工場から配送される麺は、注文を受けたあと、再度、釜で湯通しする

■ 地元民に親しまれている昔ながらの博多うどん

自慢のうどんは、北海道産の羅臼昆布をベースに、ウルメ、イリコ、サバ、鰹節など、魚介の旨味が溶け込んだ優しいダシが特徴。国産小麦とオーストラリア産の小麦をブレンドした、ふっくら柔らかな麺との相性も抜群だ。ダシと麺は、各店で味がバラつかないよう、1日に数回、工場から直送されたものを使用する。

店舗により異なるが、渡辺通店では10種のうどんを用意。なかでも、ゴボウのスライスが入ったかき揚げを乗せる「ごぼう天うどん」(480円)が圧倒的人気で、多いときは80~100杯も出る。また、通年出している「鍋焼きうどん」(780円)も評判。夏の暑い日でも好んで注文する人が多いという。

■ 数量限定のサブメニューも必食

うどんと合わせて楽しみたいのが、「かしわ握り」(2個220円)、「いなりずし」(3個220円)、「ちらし寿司」(300円)のご飯メニュー。数に限りがあるため、昼のピーク時を超えると品切れになることもしばしば。

また、うどん、ダシ、トッピングは持ち帰り可能。店内でできたてを食べるのもいいが、本場の博多うどんを自宅でゆっくり堪能できるのがうれしい。

【九州ウォーカー編集部/取材・文=浅原麻希(シーアール)、撮影=本田純一】

最終更新:8/15(火) 15:34
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。