ここから本文です

「正社員の時給が高い会社」ランキングTOP100

7/28(金) 5:00配信

東洋経済オンライン

 働き方改革が進む中、残業時間の削減とあわせて、従業員がより効率性を高めて働くことも求められている。効率性を考えるうえで、従業員が自分の「時間当たり単価」を意識し、自ら行うべき仕事かそうでないかを選別していくことが重要になってきそうだ。

「正社員の時給が高い会社」ランキング11~100位はこちら

世の中には例外もあるが、通常は時間当たり単価が高ければ、求められる仕事のレベルも高くなる。そこで今回は、『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』のデータを使い、年収ベースの各社の時給を計算。時間当たりの単価が高い、つまり、従業員にハイレベルのアウトプットを期待している会社を紹介しよう。

 計算方法は表の注に記載。土日祝日をすべて休日、1日8時間勤務と仮定している。残業時間は回答・公開された情報を使用した。

■1位の三菱商事は時給6742円! 

 ランキング1位は、総合商社の三菱商事で、時給6742.9円。平均年収は1445.9万円、平均年齢は42.6歳だ。同社は上場企業の中でも高収入企業として有名である。さらに国内・海外留学制度や各種教育制度、FA制度など、従業員の能力向上の制度は充実している。

 育児や介護との両立支援、有給休暇の積極取得など、ワーク・ライフ・バランスの面でも整備が進む。「よく働きよく休む」。魅力的な職場環境のようだ。

 続いて、2位三井物産6388.5円、3位住友商事6185.3円、4位伊藤忠商事5978.7円と、同業のライバル企業がズラリと並ぶ。土日祝日もすべて休みで、残業時間も回答どおりだとすると、非常に高い金額だ。逆に言うと、平均的な従業員には、このレベルのアウトプットが求められるということでもあり、プレッシャーもかかりそうである。

 5位は野村総合研究所の5950.2円になった。IT、コンサルのプロフェッショナル集団であり、時給換算でも高水準である。6位は不動産業のヒューリック5653.3円、7位大和証券グループ本社5641.0円、8位丸紅5526.5円、9位エーザイ5494.2円、10位三菱地所5350.4円と続く。

 電機メーカーで高かったのが、17位のソニー4861.2円だ。有給休暇取得日数も20.3日と多く、月平均残業時間は9.9時間で10時間を下回っている。日本最大の売上高を誇るトヨタ自動車も、4109.7円で63位にランクインした。

1/2ページ