ここから本文です

トランプの長女イバンカはLGBTを裏切った

7/28(金) 18:40配信

ニューズウィーク日本版

今年6月、ドナルド・トランプ米大統領の長女でトランプが最も信頼する大統領補佐官の1人であるイバンカ・トランプ(35)は、LGBT(同性愛者などの性的少数者)を支持するメッセージをツイッターに投稿した。LGBTの権利向上を訴えるプライド月間に寄せたものだ。

3月に実業家からホワイトハウス職員に転身したイバンカは、「私たちの社会や経済に多大な貢献をしてきた」LGBTの友人やアメリカ人同胞を「誇りに思う」とツイッターに書き込んだ。さらに「joyful #Pride 2017」というハッシュタグを付け、プライド月間の6月は「LGBTQ*コミュニティーを祝福し敬う」ための時間だと宣言した。

【参考記事】イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だった

I am proud to support my LGBTQ friends and the LGBTQ Americans who have made immense contributions to our society and economy.— Ivanka Trump (@IvankaTrump) 2017年6月2日

LGBTQの友人やアメリカ人同胞を誇りに思う。彼らは私たちの社会や経済に多大な貢献をしてきた。


だが今週の水曜、イバンカはLGBTに対する誇りを自ら傷つけた。心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々の米軍入隊を禁止するとトランプが発表しても、だんまりを決め込んだのだ。

【参考記事】トランプのシリア攻撃は長女イバンカの「泣き落とし」のため?

トランプは一連のツイッターで、「米政府は米軍のいかなる役務でもトランスジェンダーを入隊させない」と表明。米政府が「トランスジェンダーの入隊に伴う莫大な医療費(性転換手術のことなどを言っているとみられる)や混乱の負担を賄えない」ことを理由に挙げた。発表直後、米議会やLGBTの支援者をはじめ、全米から一斉に非難の声があがった。

イバンカに逆風

トランプが禁止を発表して間もなく、イバンカに逆風が吹き始めた。ホワイトハウスの決定に何ら影響を及ぼせないイバンカの無能ぶりを、多くの人が疑問視したのだ。

Is there any woman LESS empowering than Ivanka Trump? Got a job she's totally unqualified for because of her daddy, & has zero influence.— Molly (@isteintraum) 2017年7月27日

イバンカ・トランプほど影響力のない女性はいない。父親のおかげで分不相応な仕事に就いたのはいいけど、影響力はゼロ


イバンカはLGBTの権利の擁護者を自任するだけでなく、昨年の米大統領選挙中は男女平等や温暖化対策への取り組みを強く支持し、過激な父トランプの説得役になることを期待されていた。だがいざ政権入りしてみると、温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」からの脱退を止められなかった。女性の権利を擁護し人工妊娠中絶や避妊薬の処方などを行う非営利団体「プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟)」への連邦補助金の1年停止案も止められなかった。

*LGBTQ=レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング(性的志向が定まっていない人)



イバンカは、男女同一賃金や働く子育て世代に有利な家族休暇の実現も推進していたが、そうした計画も何一つ実現していない。

@IvankaTrump Saddened by silence 4 ur Trans "friends". Friends r people who R there when you r in need, yet U R are silent. Thanks friend:(— jay dworin (@jdworin) 2017年7月27日

イバンカがトランスジェンダーの「友人」に対して沈黙するのは悲しい。友人なら必要な時にそばにいてくれるはずなのに、あなたは黙っている。なんて有難い友人だ


イバンカはトランプがトランスジェンダーの米軍入隊禁止を発表して以降、公の場で発言していないが、裏では挫折を味わっているのだろうか。

【参考記事】イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だった

イバンカは、4月に米CBSの情報番組「ディス・モーニング」に出演し、アメリカ人は「間違っていることを公然と非難しないまま沈黙すべきでない」と言い、父トランプとの関係を次のように語っている。

「自分の声を相手に届けるには、様々な方法がある。抗議したり、毎晩ニュースを見たり、人と話したり、自分と意見が異なるあらゆる問題を批判したりするのも1つの方法だ。時には穏やかに、相手に面と向かって率直に意見を伝えることもできる。父と意見が対立すると、父もそれが分かっていて、私はすべてを正直に打ち明ける。同意できる部分では父にしっかりと寄り添い、政策を支持することで、父の助けとなり良い影響を与えたいと思う。私はいつも相手の話を聞く父の姿勢を尊敬する」

(翻訳:河原里香)

ジャニス・ウィリアムズ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-11・28号
11/21発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。