ここから本文です

障がいをもつ兄を受け入れるということ―ダウン症の兄の日常を描く『ヒロのちつじょ』【インタビュー 後編】

7/28(金) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 ダウン症の兄・ヒロの日常をまとめた『ヒロのちつじょ』(太郎次郎社エディタス)著者の佐藤美紗代さんは、10代の頃はヒロこと兄の佐藤洸慧さんを受け入れられず、家族の中で孤立することもあった。

 そんな自分を乗り越えたのは、大学に通うために1人暮らしを始めたことが大きい。家族一人ひとりを客観的に見られるようになり、自身も落ち着いたのだと語った。

「高校を卒業するまではとにかく家を出たくて、だから自宅から通えない大学を選んだんですけど、そうすることで『あの時はああしてしまうのも、仕方なかったんだ』と思えるようになりました」

 卒業制作用に描いたヒロの日常が「淡々としていた」のもあり、書籍化にあたり佐藤さんは「かこ」の章を加筆した。ヒロを受け入れられなかった10代の頃、彼のどんな行動にイライラしていたか。たとえば「家でズボンをはかずパンツ一丁」だったり、「食べるときにぺちゃぺちゃ音を立ててうるさかった」りと、確かに思春期の少女としては許しがたい行動を、ヒロはとり続けていた。

 しかし今では「パンツ一丁なのは暑がりのせい(?)」「食事のさいに音が出るのは口内のかたちが独特で歯並びもよくないから」と、どの行動にも理由があることを理解し、それも文章にしている。最初からうまくいっていたわけではなく時には距離を置くことで、ヒロを思いやれるようになり、ともに成長していったことがよくわかる章だ。

ヒロの日常をクスっと笑ってもらいたい

 佐藤さんが現在暮らすカナダでは、通信会社の広告にダウン症のモデルが登場したり、電動車いすに公的な補助があったりするそうだ。とはいえ健常者のペースに合わせて生きるのではなく、自分たちなりの活動を通して地域とつながる方が無理がないのではないかと、佐藤さんは言う。

「以前、鹿児島県にあるしょうぶ学園という、障がい者一人ひとりが創作活動をしている施設を見学したことがあるんです。そこで『無理に地域に受け入れてもらう必要はない。逆に園内にあるパン工房やレストランに来てもらって、地域の人をこちらに引き込む形でつながるのがいいと思う』と言われて、感動したんです。確かにヒロのようなダウン症の人がどこかの企業でいきなり働くのは、負担も大きいと思うんですよね。でもおばが以前、『30年ぐらい前は地域に障がいがある人がもっといて、一緒に遊ぶ中で健常者の子供が“彼らとどう接して、どう助ければいいか”を自然に学ぶ機会があった』と言っていたのですが、今の社会にはそういう場所がないような気がしますね。私は今後、発達障害の人をサポートするソーシャルワーカーになりたいと思っていますが、どういう形で支援するのが一番良いのか。ずっとそれを考えています」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!

Yahoo!ニュースからのお知らせ