ここから本文です

フェラーリが最長15年の新車保証プログラムを導入。認定中古車も対象に!

7/28(金) 9:03配信

clicccar

新車購入時のひとつの特典として「新車保証」があります。各社、期間や内容などは異なりますが、現在では新車拡販に欠かせない販促手段といえるでしょう。中古車でも独自の保証を用意したり、新車保証を延長したりといった特典がありますが、新車の方が容易に享受できます。

【この記事に関連する別の画像を見る】



2017年7月25日、フェラーリは本国にて、新車登録日より15年間新車保証を行なう最新の保証プログラム「ニューパワー15」の導入を発表しました。

フェラーリは、2014年に世界で初めて最大12年間保証を延長できるサービスを開始。今回は、この保証プログラムをさらに充実させるもので、フェラーリの価値と機能を長い間維持するパッケージとして提供されるものです。

これによりフェラーリは、オーナーへのアフターサービスの分野で再び業界をリードすると胸を張っています。日本では三菱自動車の「10年10万km保証」が目を惹きますが、最長15年とは確かに長いですね。



フェラーリではすべての新型車に、標準で3年間のメーカー保証、そして7年間の無償メンテナンスプログラムが付帯していて、先述したように、さらに 2年間の延長が可能でした。さらに、6年目から12年目までの車両には、すべての主要コンポーネントをカバーする「ニューパワーワランティ」を付帯することもできました。



今回の「ニューパワー15」は、フェラーリが誇る保証プログラムの最新版。新車登録12 年目から15 年目のエンジンやギヤボックス、サスペンション、ステアリングなどの主要メカニカル・コンポーネントが保証対象に。今回の新しい保証延長の期間は12か月で、毎年最長3年間まで更新できます。

さらに、この保証延長オプションは、フェラーリの認定中古車にも適用。特定の技術検査に合格することで、今まで適用されていなかった車両や、保証の空白期間がある車両も対象になるそうです。

フェラーリの新車保証延長は、ファンのつなぎ止めだけでなく、長くクルマを愛してもらうことで、文化を醸成する意欲も感じさせます。



(塚田勝弘)

最終更新:7/28(金) 9:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)