ここから本文です

「7777」は不吉! 巷で「縁起がいい」と言われる数字は凶数だらけだった

7/28(金) 8:50配信

週刊SPA!

 縁起がいいといわれる数字や自分に関係の深い数字をラッキーナンバーにしている人もいるかと思うが、中でも4けたの数字は、自家用車の希望ナンバーや銀行口座の暗証番号などでもおなじみだ。

 どうせ選べるならば、縁起がよくて開運となる数字を使っておきたい、ということで、ネット上などでは「幸運の数字」に関する情報も散見される。

 4けた数字ならば例えば、末広がりの八を4つ並べた「8888」や“四合わせ=幸せ”という語呂がいいとされる「4444」、風水で幸運数字といわれる「24」や「32」を組み合わせた「2432」「3224」などが有名だ。

 「1234」「6789」など段々数字が増えていく組み合わせも右肩上がりでよいとされている。

 ところが、こうした「縁起がいい」はずの数字だが、古代中国を発祥とする周易をベースにした研究によれば、意外と凶数や大凶数が多く含まれているそうだ。

『人生が好転する4けた数字開運術』の著者で周易研究家の金河(クム・ハ)氏は語る。

「人間は生まれてから死ぬまで数えきれないほど、多くの数字に出合います。これらの数字の中で、人生にとって意味のある数字、人生に直接影響を与える数字を見極めることが大切です。そして、そうした数字を定義するならば、①他人と自分を区別する数字②自分にとって実質的で重要な役割を果たす数字③一定期間、持続して使われる数字――この3つの条件を満たすものです。そして、現代社会では4けたの数字は特に重要で、0000から9999までの1万通りの数字は192の“爻象”という数字が持つ意味を区分するナンバーごとに暗示する内容が法則的に決まっているのです」

 金河氏によれば、1けたや2けたの数字はあまり重要性がなく、3けたの数字は先の3つの条件を満たせば重要とのこと。そして原則、変更可能で自分の身近で頻繁に使用する/目にする数字を指すため、生年月日の“月日”などを4けたにして解釈することは研究の対象とはしていないという。その代わり、変更するのは少し面倒だが、ケータイの番号も現代人にとって非常に重要な数字で、「090」など識別番号のすぐ後の4けたが将来を、末尾の4けたが現在の状況を暗示するんだとか。

「すぐ変えられる数字は大吉数や吉数に変更すればよいのです。そして、もし凶数や大凶数を使ってしまっていても“開運数字”を貼ったり身につけたりすれば、凶や大凶の数字が持つ悪い暗示の影響を避けることもできるのです」(金河氏)

◆語呂合わせなどで縁起がいいといわれる数字の“本当の吉凶”は?

 では、巷間“縁起がいい”といわれる4けた数字の“本当の吉凶”を前掲書から調べてみよう。

<縁起がよいとされる数字/理由/“本当の吉凶”判定>

8888/末広がりの「八」が並ぶ/大吉

4444/“「四」合わせ=幸せ”の語呂合わせ/凶

1111/ナンバー1が並ぶ/凶

1234/順に数字が増えて右肩上がりを想起/凶

2345/同上/大吉

3456/同上/大凶

4567/同上/吉

5678/同上/大吉

6789/同上/凶

2432/風水で幸運数とされる数字の組み合わせ/大吉

3224/同上/大吉

1110/“いいひと=いい人”の語呂合わせ/凶

2525/“にこにこ”の語呂合わせ/大吉

2951/“ふくこい=福来い”の語呂合わせ/大吉

3150/“さいこお=最高”の語呂合わせ/大吉

4771/“しなない=死なない”の語呂合わせ/平(運)

7041/“なおよい=なお良い”の語呂合わせ/大凶

7830/“なやみぜろ=悩みゼロ”の語呂合わせ/大凶

8080/“はればれ=晴れ晴れ”の語呂合わせ/凶

8981/“やくばらい=厄払い”の語呂合わせ/大吉

9674/“くろうなし=苦労なし”の語呂合わせ/大吉

7988/すべての数字を足すと風水の幸運数「32」となる/大凶

9995/同上/大吉

1599/すべて数字を足すと風水の幸運数「24」となる/吉

1869/同上/大凶

 大吉があるものの、凶や大凶も混在していることがわかる。まあ、単なる語呂合わせに根拠や厳密性を求めるのも無理な話だが……。ちなみに、ラッキー「7」を4つ並べた「7777」の判定は意外なことに「凶」であった。前掲書では詳細に解説されている。

●7777 凶

箴言 「泣くときは一人だが、 笑えば世界も一緒に笑う」 エラ・ウィーラー・ウィルコックス(アメリカの作家)

総合運 ★★☆☆☆(最良が星5つのうち星2つ)

 優柔不断な性格のせいで運気は落ちる一方です。あなたの最大の短所は進むべきときに進めず、止まるべきときに止まれないこと。例えば、せっかく自分にいいチャンスが訪れても、戸惑っているうちにそれをつかむことができず、間違った道に足を踏み入れたことに気づいても、その道から引き返して正しい道へ進むことができないのです。現在の厳しい状況を乗り越えるためには、戦(いくさ)に臨む武士のような強い信念と勇気を盾(たて)にして、障害物を蹴飛(けと)ばして前へ進む必要があります。そうすれば、あなたの道は開けていくでしょう。

金運 ★★☆☆☆

 金運は時間が経(た)つにつれてどんどん下がっていきます。そもそもお金は、必死で稼ごうと努力したとしても、貯まるかどうかわからないもの。それなのにあなたは、のほほんとしていて、自分のものを守ることができないうえ、人に譲ってばかり。このままで、金運が上がるはずがありません。使うのは一瞬なのに、稼ぐのはなかなか大変なのが、あなたにとってのお金です。お金には自分の生命がかかっているものだと思って、がむしゃらに働き、手にしたお金をしっかりと貯金しないと、いつまで経っても金運はアップしません。

仕事運 ★★☆☆☆

 あなたの職場生活は「風に揺れる葦(あし)」のように些細(ささい)なことに揺さぶられて落ち着きません。それは、あなたが簡単に「すみません」と言いすぎてしまうからです。謝る必要がないのに「すみません」と頭を下げ、謝罪が必要なときには周りの人が見ていられないほどペコペコしてしまいます。そんなバカ丁寧(ていねい)すぎる行動が、周囲には「卑屈な人」に映るのです。同僚ばかりか取引先の人まであなたを無視し、その言動をバカにし始めます。まずは、必要な状況ではない限り「すみません」の言葉は使わず、「私はこう思う」と自分の意思をはっきり伝えることを意識して。そうすれば、この難関を克服することができます。

愛情・人間関係運 ★★☆☆☆

 あなたが未婚だとしたら、今すぐ自分の態度を改める必要があります。異性と食事をしに行って相手に注文の希望を聞かれても、いつも「何でもいい」と答えるだけ。相手に配慮したつもりでも、あなたの存在感はほとんどありません。さらに、その優柔不断で消極的な態度が、相手との小さな口ゲンカのきっかけとなって別れることになってしまうかもしれません。こうなると、今までの努力はすべて水の泡。あなたの恋愛運をアップさせる秘訣(ひけつ)は、食事するときはあなたが食べたいものをしっかりと言うこと。つまり、あなたの意思をはっきりと表現して、相手に自分をアピールすることが必要なのです。

開運数字:235

 頻繁に使っている4けたの数字が、実はあなたの運命を左右している……信じる/信じないはともかく、幸運な数字を普段使いの数字に変えるだけで幸せがつかめるなら、この際、その数字をきちんと把握しておくのも損はない!?

<取材・文/日刊SPA!取材班>

日刊SPA!

最終更新:7/28(金) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた