ここから本文です

羽田空港は行列グルメの穴場! 吉野家の超高級丼も

7/28(金) 12:00配信

日経トレンディネット

羽田空港国際線旅客ターミナル(以下、国際線ターミナル)から海外に出発する場合、早朝や深夜に利用することも多いだろう。そこでまずチェックしておきたいのが、24時間営業の飲食店だ。なかでも、ここでは「充電ができる」「有名店なのに並ばずに食べられる」など、〝プラスα”の特徴をもつ店を厳選して紹介する。

【関連画像】和牛を使った1240円の「牛重」。口の中でとろけるような味わいだった

【魅力は24時間営業だけじゃない!】

■24時間営業で電源充実、喫煙室完備の「羽田食堂」

■吉野家の人気メニューは超高級「牛重」

■アルコールが充実する「MOSカフェ」

■“行列ができるつけ麺”が並ばずに食べられる

■24時間営業のタリーズコーヒーがオープン

24時間営業で電源充実、喫煙室完備の「羽田食堂」

 国際線ターミナルには24時間営業の店も多いが、その中でも使い勝手が良い3店舗を紹介する。4階「江戸小路」の端にある「和カフェテリア Dining24 羽田食堂」「吉野家」「MOSカフェ」の3店舗だ。

 ここ最近、国際線ターミナル内にスマホの充電ができるスポットやノートパソコン用電源と無線LANが利用できるエリアが増えたが、レストランやカフェの中で電源が使える場所は多くない。最初に紹介する「和カフェテリア Dining24 羽田食堂(以下、羽田食堂)」は、カウンター席や大型テーブルを中心に店内に多くの電源コンセントを設置。仕事やスマホの充電をしながら食事ができるレストランだ。

 メニューは時間帯によって異なる。4~10時は朝食メニューとして「鮭定食」(980円、以下、価格は全て税込み)や「トーストセット」(500円、ドリンク付き)を提供。10時からオーダーできるグランドメニューには「魚のフライ定食」(1180円)、「三元豚の生姜焼き定食」(980円)、「鯵の干物定食」(1300円)など、ボリューム感のあるメニューが並ぶ。また、22~翌4時までは、ミッドナイトメニューとして「チキンカレー」(900円)、「おにぎりミニうどんセット」(600円)、「きつねうどん」(680円)などを用意。来店時間によってメニューが変わるので、食べ飽きないのも魅力的だ。さらに、店内奥には扉付きで完全分煙の喫煙席が設けられている。

 電源コンセントや喫煙席も完備しているとあって、食事の後にくつろぎながら仕事をしている人も多い。旅行だけでなく、出張前にひと仕事したいという人にはうってつけの店だろう。

1/2ページ