ここから本文です

絶好調『コード・ブルー』 何が変わり、何が変わらないのか

7/29(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 今クールの夏ドラマの中で、断トツの視聴率を記録しているのが『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)だ。7年ぶりに月9に登場したシリーズ3作目は、これまでのシーズン1、2と何が変わり、何が変わらないのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが好調の理由に迫る。

 * * *
 初回視聴率が夏ドラマトップの16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2話目も15.6%と好調をキープ。ここ数年、ネットメディアに「また最低視聴率更新」「いよいよ打ち切りへ」と散々な書かれ方をしていた“月9”にとっては、ひさびさのヒット作になっています。

 とは言え、鳴り物入りで放送された前期の『貴族探偵』がふるわなかったこともあって、放送前に不安の声があったのも事実。第1弾は9年前、第2弾は7年前に放送されたため、「何で今さら」「もう完結したでしょ」「過去の遺産にすがるのか」という否定的な声も少なくありませんでした。

 なぜ7年ぶりの第3弾は視聴者に受け入れられたのか。変わっていないところと変わったところの両面を挙げながら、その理由を探っていきます。

◆『救命病棟24時』がないことによる期待

 まず変わっていないのは、緊急救命らしいスリリングかつスピーディーな物語。次々に緊迫した状況が起こり、複数の患者を同時に治療しながら、周囲の人々を含めた人間ドラマが展開されています。

 フジテレビのドラマで先輩格にあたる『救命病棟24時』シリーズが2013年を最後に放送されていないこともあり、視聴者の『コード・ブルー』への期待値は思っていたよりも高かったのかもしれません。

 災害現場での大規模なロケや、空撮などのスケール感も健在。ヘリが飛び立つシーンの緊張感、凄惨な現場、血まみれの負傷者、要所で流れるBGMなど、ディテールにこだわった演出が視聴者の心拍数を上昇させています。

1/3ページ