ここから本文です

1時間で1億円以上売る テレビ通販「勝負師バイヤー」の仕事

7/29(土) 18:01配信

WWD JAPAN.com

 24時間365日生放送のテレビ通販専門チャンネル「ショップチャンネル」は、放送開始から20年連続増収を成し遂げ、2017年3月期の売上高は1549億円(前期比11%増)に達した。国内外から厳選した商品をそろえ、その魅力をライブ感あふれる放送でじっくり伝える手法が、多くの消費者の共感を集める。その商品力を支えるのが約30人の専属バイヤーである。ヒットを連発するジュエリー担当の斎藤亜希子バイヤーに仕事術を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):テレビ通販のバイヤーの仕事は、リアル店舗のバイヤーと何が違うのですか?

斎藤亜希子バイヤー(以下、斎藤):お店が「面」だとすると、テレビ通販は「点」での商売です。店内にたくさんの商品を並べてその中から選んでもらうのではなく、1つの商品をキャスト(司会者)やゲスト(商品開発者など)が詳しく集中的に紹介して、たくさんの量を売る。だからバイイングも一点突破型というか、大ロットが基本になります。

WWD:一つ一つの商品を厳選して仕入れる必要がありますね。

斎藤:そうですね。ユニークな商品を見つけ出すのはもちろんですが、価格に対しても厳しい目を持って臨んでいます。メーカーとの価格交渉には長い時間をかけます。「これだけの販売を見込んでいるので、もっと下げてもらえませんか」とか。メーカーも弊社の販売力を信頼して、リスクを張って下さる。私たちも言い訳はできません。よし、必ず売り切ってやろうと。

WWD:プレッシャーも大きいのでは?

斎藤:まぁ、博打みたいなものですね(笑)。それを前向きに楽しめるようになれば一人前。その日一番のおすすめ商品をご紹介する「ショップ・スター・バリュー」は、1日で1億円以上売れる商品が求められます。これまでの経験やデータを駆使しながらも、最後は「これは魅力的だから売れる」という賭けに出るわけです。

WWD:前職はジュエリーのデザイナーだったそうですね。

斎藤:百貨店に売り場を持つジュエリーブランドで働いていました。その頃は、自分がデザインした商品が売れたら、何カ月かは喜びに浸ることができました。でもテレビ通販は「喜んでいる暇があったら、早く次の商品を探せ」みたいなところがある。さすがに売れた直後は「良かったね」と声をかけてもらえますけど、皆すぐに切り替えて次の仕事に向かう。なので、目論見が外れた時でも「落ち込んでいる暇はないでしょ」と言われます。ありがたい社風だと思っています。止まっている時間はない。ジェットコースターのような毎日、ギャンブルのような刺激に満ちた仕事です。

最終更新:7/29(土) 18:01
WWD JAPAN.com