ここから本文です

年収50億円の29歳、世界最強インフルエンサーの素顔

7/29(土) 20:01配信

WWD JAPAN.com

 長い髪、白い肌、可愛らしい笑顔。一見するとどこにでもいる女性だが、ジャン・ダーイー(Zhang Dayi)(29)はやり手のビジネスウーマンだ。SNSのフォロワー数が20万人を誇る人気モデルだった彼女はアパレルの世界へ飛び込み、2014年の夏に巨大なオンライン・ショッピングモールのタオバオ(Taobao)内にザ・ワードローブ・アイ・ライク(The Wardrobe I Like)1号店を出店した。フォロワー数は500万人を超え、16年には4600万ドル(約51億5000万円)を稼いで中国全土で有名となった。これは、中国の有名女優のファン・ビンビン(Fan Bingbing)が稼いだ金額の2倍の金額で、フォーブス(Forbes)調べによるとキム・カーダシアン(Kim Kardashian)の年収4550万ドル(約50億9000万円)に僅差だが勝つ数字だ。

 そこで、どのようにして500万人のファンを得たのか、その秘訣を聞いた。

WWD:あなたのセンスやスタイルをどう表しますか?

ジャン・ダーイー(以下、ダーイー):若い頃はすごく日本のスタイルが好きでした。モデル時代は多くが日本のクライアントで、それが私のスタイルに影響を与えたのだと思います。だから当時は少しだけ日本人っぽかったと思います。その後、韓国のスタイルが流行り始めて、ルーズでカジュアルなシルエットを着るようになりました。

WWD:どうしてファンはあなたのことが好きだと思いますか?

ダーイー:よく聞かれるのだけど、社交的で親しみやすく、可愛らしい雰囲気だからだと思います。中国では甘いスタイルの服装が流行しているの。私のスタイルが市場のニーズに合致した、それ以外の理由はないと思います。

WWD:キャリアの中で特に印象的な思い出はありますか?

ダーイー:最も印象に残ったのは16年のタオバオセールデーです。タオバオの中で私の店が最速で売り上げ1億人民元(約16億円)を達成して、とても感動しました。

1/2ページ

最終更新:7/29(土) 20:01
WWD JAPAN.com