ここから本文です

日本にこんな祭りがあったとは……江戸時代から伝わる「鉄砲祭り」がアツい

7/29(土) 12:00配信

BEST TIMES

まるで西部劇⁉ 馬が走り、銃声が鳴り響く。江戸時代より続く豊作猟祈願の祭りを紹介。

号砲轟く人垣の中、神馬が猛ダッシュ!  「鉄砲まつり」

時季:例年12月第2土日曜
場所:埼玉県秩父郡小鹿野町、飯田八幡神社

 バスから降りると、いきなり「ドスン、ドスン」という重たい音が響いてきた。
 男たちが空に鉄砲を向け、空砲を撃っているのである。辺りにはまがまがしい硝煙の臭いが立ちこめている。まるで西部劇にでも出てきそうな、ハードボイルドな町だ。
 やがて、八幡神社の参道に観客が集まってくる。両側に人を制止するためのロープが張られ、もう立錐の余地もない。

 参道に神馬がやってきた! すると、ガンマンたちは参道を挟んで向かい合い、銃口を宙へと向ける。
「ドスン、ドスン」
 銃口が火を噴くと同時に、馬が走り始めた! まるで何かに追われるように、脅えたように。
 馬は瞬く間に神社の階段を駆け上り、その姿を消した。辺りには硝煙の臭いと人々のため息が残った。

 祭りの行われる小鹿野は、平家の落人伝説も残る山奥にある。鉄砲祭りは江戸時代に始まるとされているが、詳しい起源は明らかになっていない。鉄砲を撃つのは、猟師による豊猟祈願の意味があるという。

〈『一個人』2017年8月号より構成〉

文/杉岡 幸徳

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。