ここから本文です

「夫婦のキス動画」が1週間で300万再生 - 背景に悲しくも麗しいストーリーが

7/29(土) 10:30配信

エスクァイア

 交通事故に遭った夫の快復を、献身的に支える妻。そんな2人が自然に見せた行為に、世界中が感動している。

【世界中の感動を呼んだ動画はこちらから!】

 米ノースカロライナ州に住むピラティストレーナー、ローラ・ブラウニング・グラントさんが投稿した動画が、1週間で300万回以上も再生された。

 そう書くと、読者の多くは「ピラティスのハウツー動画か?」と思うかもしれない。しかし、その内容は彼女と夫のジョナサン・グラント(35)との甘いキスの瞬間だった。

 3月、ローラのもとに1本の電話がかかってきた。発信元は病院の緊急治療室からで、看護師から夫のジョンが交通事故に遭い、医療スタッフの呼びかけに無反応であることが伝えられた。

 ジョンは脳出血を起こして、びまん性軸索損傷に苦しんでいた。顔や腕、脚には傷やあざがあり、内臓も損傷していた。

 事故発生から17日後、ジョンはぎこちない動きを見せつつも、ローラの手をしっかりと握った。一方で、医師からは脳のダメージが深刻だとも伝えられていた。

 「彼とまた話したり、散歩することができなくなるのでは……」と、ローラはとても心配だった。

 その後、容態が良くなったジョンは別のリハビリセンターに移送され、毎日リハビリに励むことになる。ローラはずっと夫のそばにいたかったため、地元のピラティススタジオを辞めて病院近くのホテルに滞在。毎日リハビリ施設に通っては約10時間も滞在し、ジョンの回復をサポートし続けている。

 ジョンは日に日に回復しているものの、完治までの道のりはまだ遠い。それでも今では、人工呼吸器無しで呼吸し、栄養チューブなしで食事を摂っているのだ。

 このたび話題となった2人の動画は、フィジカルセラピー中に撮影されたものだ。ジョンが車椅子から立ち、ローラにしがみつきながら、なんとか立ち上がる。その様子を見て、ローラはごく自然に唇を近づけていく。そんな2人の姿に多くの人々が感動を寄せている。

 ジョンが完治するまでには、まだまだ時間がかかるだろう。それでも2人は、こうして毎日唇を重ねながら、ゆっくりと、しかし着実に、完治への道を歩んでいくに違いない。

編集者:山野井 俊

最終更新:7/29(土) 10:30
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます