ここから本文です

テート・モダン&テート・ブリテン。過去を遊び未来に接続する、ロンドン2つの「テート」

7/29(土) 12:20配信

WIRED.jp

角砂糖で財をなしたヘンリー・テート卿の寄贈をもとにして沿革されたテート・モダンとテート・ブリテン。その建物の記憶を辿って行くと、イギリスの入り組んだ歴史が見えてくる。

【写真でみる】亡霊を映す監視カメラも残る刑務所跡

■Tate Modern/年間500万人以上が訪れる世界最大級の近現代美術館。本館ボイラーハウスと新館スイッチハウスに20世紀以降の絵画、彫刻、パフォーマンス作品を展示。近代の産業遺産を巧みに21世紀にアップデートし、土地の記憶を未来へとつないでいる。

■Tate Britain/16世紀から現在まで、イギリス人アーティストの作品を展示する美術館は、かつてパノプティコンとして構想された六角形の刑務所だった。デミアン・ハーストらを世に送り出した現代アートの登竜門であるターナー賞も主宰する。


2000年にオープンしたロンドンのテート・モダン。その新館が6月にオープンした。旧火力発電所をヘルツォーク&ド・ムーロンが改築した世界最大級の近現代美術館だ。新館は旧オイルタンクの上に増築されたもので、地下のタンクはそのままパフォーマンスや映像用ギャラリーに使われている。ほのかに残るオイルの臭い。五感を通して建物の記憶を伝えてくる。

記憶の糸をさらに手繰ってみよう。美術館の前を流れるテムズ川を西に3kmほど下ったところにあるのが、テート・ブリテンだ。砂糖の精製で財をなしたヘンリー・テート卿が寄贈した収集品と建設費をもとに、1897年に刑務所の跡地に建てられている。長年テート・ギャラリーとして知られてきたが、テート・モダンが分館するのに伴いテート・ブリテンに改名されている。

刑務所は功利主義の創始者として知られる哲学者のジェレミー・ベンサムが考案したパノプティコン(一望監視システム)を踏襲した六角形の建物だった。1821年に開設した後、主にオーストラリアへの流刑者の拘置に使われた。1890年には閉鎖となり、取り壊し後の跡地に、こちらのテートと、現在はチェルシー美術大学である王立軍医大学が建てられたのだ。

近くには看守の溜まり場だったパブ「モーペス・アームズ」がいまもあり、地下通路の遺構もそのまま残る。ここには監視カメラが設置されており、パブでは時折出没するとされる受刑者の亡霊をモニターでチェックしながら一杯やるという、いかにもイギリス的な趣向だ。

テムズの対岸正面には、秘密情報機関MI6の本部がある。パブの2階の部屋はそれを「逆スパイ」する双眼鏡などが置かれ「スパイング・ルーム」と名付けられている。

ベンサムは個人の幸福の総数が社会の幸福度になるとし、犯罪者や貧困層の幸福度を底上げするべきだとした。そのため、中央に監視塔があるパノプティコンが受刑者の更生を促すと考えた。一方、このシステムを、いまの監視社会の原点とする解釈もあり、そう考えるとMI6の存在が亡霊よりも重くのしかかってくる。

こうした奇縁に惹かれたというアーティストの山田健二は、パブの地下の監視カメラとリンクさせた映像作品を制作した。「過去と現在、情報漏洩と監視の葛藤と交差を通して現れる新たなダイメンションを表現しました」と言う。パブ2階の「スパイング・ルーム」で、ベンサムの研究者やテートのアーキヴィスト、刑務所のフォルムを象ったベンチ(写真)を制作した建築家らによるトークを主催。その様子を映像として地下に投影し、それがパブのモニターに映し出されるという作品だ。過去と現在がループとなり問いかけを促していく。

ベンサムは自分の遺体をミイラ化し、服を着せて展示せよとの遺言を残した。没後184年経ったいまも、ロンドン大学内に設置された展示ケース内には、遺言どおりのベンサムの姿がある。彼は貴族など一部の特権階級が富や権利を独占していた時代に、大多数の幸福実現を唱えた。人を幸福にする快楽は正しく、同性愛も善であるとした彼の思想は、当時かなり前衛的だったはずだ。

EU離脱や格差問題で揺れるイギリスだが、そんな彼の思想はいまなお社会や政治の根底に息づいていると感じられる。それは記憶として建築のなかに埋めこまれながら、イギリスの社会を「監視」し続けているのだ。

MEGUMI YAMASHITA

最終更新:7/29(土) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。