ここから本文です

住みたい街ランキングで急浮上した2大タウン「赤羽」と「北千住」を徹底比較

7/29(土) 7:10配信

@DIME

地元密着型のテレビドラマが話題になり、人気が上昇した赤羽と北千住。ディープな街の深~い魅力を、「なりきりジモティ」モードでお届け。

◎オトクに住める、懐が深く温かい街

 東京23区の北端エリアにある、赤羽と北千住の人気が急上昇中だ。その秘密を探るために、名酒場×ファッションの連載で話題の「アニキ」こと片野英児さんと街を巡った。

「いずれも高度経済成長期に栄えた街。昼から営業の酒場が多いのは、工員さんが夜勤明けに一杯飲みたいというニーズがあったからでしょう。柔軟性と懐の深さが、ストレス社会に生きる私たちを惹きつける。また、長く住んでいる人々がフレンドリー。新参者でもお祭りに誘ってくれたりする。こういう関係性が広がるのも魅力だね」

〈教えてくれたのは〉片野英児さん

《赤羽》深夜ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京)でブレーク 

●朝9時から飲める、フリーダムな居酒屋さん【鯉とうなぎのまるます家 総本店】
1950年創業、マンガ『孤独のグルメ』にも登場し、酒飲みの聖地としても有名。1階にはコの字形カウンターが2つ、2階には座敷席が。「常連さんに敬意を払いつつ楽しむ。名物・鯉のあらいもいいけど、朝酒にはメンチだね」

『ジャンボメンチカツ』650円

住所/東京都北区赤羽1-17-7 電話/03・3901・1405
営業時間/9:00~21:30 定休日/月

●グツグツ煮える巨大鍋から好きな具をチョイス【丸健水産】
駅から徒歩1分、朝10時半から立ち飲みが可能。店の奥では職人さんが練りものを作っているので、揚げたてを狙い食べるべし。「鰹出汁&醤油ベースの東京風おでんは「ちくわぶ」がいいね。注文後鍋に入れる『はんぺん』も人気だよ」

住所/東京都北区赤羽1-22-8 電話/03・3901・6676
営業時間/10:30~21:00 定休日/第3水

●レトロなゲームで童心を取り戻せ!【おもちゃのふくしま】
赤羽駅から徒歩15分の昭和なスポット・桐ヶ丘団地で60年間商売をしているおもちゃ屋さん。「ヒコーキやゲイラカイト(凧)など、懐かしい玩具がいっぱい。外のゲームにも夢中になるはず」

住所/東京都北区桐ケ丘1-9-1-9 電話/03・3907・0694 
営業時間/10:00~19:00 定休日/水

●ロケ地もGO!!
山田孝之主演ドラマにも登場した、隣のビルからお賽銭を投げ入れる屋上の神社にも参拝。

《北千住》ドラマ『千住クレイジーボーイズ』(NHK BS)が話題

●創業140年の名酒場【大はし】
1877年創業、東京の歴史ある居酒屋の代表格。4代目店主の神野彦二さんがテキパキと切り盛り。旬の素材を使った手書きのメニューはほぼ毎日更新。「独自のきりっとした梅シロップが酒飲みの嗜好にフィット。居心地最高!」

住所/東京都足立区千住3-46 電話/03・3881・6050
営業時間/16:30~22:30 定休日/土・日、祝(GW休、盆時期休、年末年始休)

●市場隣接でコスパ抜群の名食堂【カフェ食堂みどり】
水産物専門の中央卸売市場・足立市場の場外にあり朝5時から営業。魚介類のプロたちから人気を集め40席はいつも満席。お酒も飲めるので日々の癒しになること間違いなし。「隠れ家感満載の外観が気持ちを盛り上げる。高級寿司レベルなまぐろ、プルプルのゆで豚が◎」

住所/東京都足立区千住橋戸町61 電話/03・3882・7996
営業時間/5:00~14:00(月~金)、5:00~15:00(土)、7:00~14:00(祝) 定休日/日、水不定休

●マラソンも野球もドンと来い!【荒川土手】
500mの川幅の荒川の両岸には運動場や花畑が。土手の上は舗装され、ランナーも多い。昭和の名作ドラマ『3年B組金八先生』のロケ地にも。「この近くの千住大橋駅付近で、1992年に亡くなった歌手・尾崎豊(享年26)を偲ぶ。青春の日々を思い出すな」

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIME編集部

最終更新:7/29(土) 7:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学

Yahoo!ニュースからのお知らせ