ここから本文です

熱愛から破局までドラマティックで情熱的!セレブカップルの別れの事件簿ヒストリー

7/29(土) 20:40配信

ハーパーズ バザー・オンライン

セレブたちの恋愛ゴシップは、いつの時代も常に注目の的。映画やドラマのような、刺激的かつ情熱的な出会いや別れを繰り返した、ショッキングで気がかりで、誰もが一度は噂したであろうセレブたちの熱愛から別れの歴史を、60年代から現代まで一気に振り返ってみよう。

【フォトギャラリー】熱愛から破局までにどんなドラマが?40組のセレブカップルの別れの事件簿すべてを見る

1967年:フランク・シナトラとミア・ファロー

1966年に結婚した時、シナトラは50歳、ファローは21歳。ひどい別れ方をしたわけではなく、2人は長年親しい間柄でいた。ファローが近年、息子のローナン(ウッディー・アレンの子供だと見られていた)は“おそらく”シナトラの息子だと発言したことで、2人の関係が再び話題に。

1968年:オードリー・ヘプバーンとメル・ファーラー

ファーラーは1954年にヘプバーンの最初の夫になり、2年後、『戦争と平和』で彼がアンドレイ王子を、ヘプバーンがナターシャ・ロストヴァを演じた(実生活と同じ)。2人の離婚は、ヘプバーンが『いつも2人で』で共演したアルバート・フィニーと浮気したことが原因と噂された。

1972年:アリ・マッグローとロバーツ・エヴァンズ

『ある愛の詩』の主演女優は、「愛とは決して後悔しないこと」というセリフを文字通りに受け取ったのかもしれない。彼女はプロデューサーのエヴァンズと1969年に結婚したが、その年に彼を捨ててスティーブ・マックィーンのもとに走り、話題を呼んだ。

1973年:エルヴィス&プリシラ・プレスリー

2人は(プリシラが9年生の時に出会った)長期にわたり情熱的な関係を続けていたが、プリシラが他の人(空手の達人マイク・ストーン)に恋してしまったと告白して終わりを迎えた。離婚はファンにとってはショックなニュースだったが、2人の間では(ほぼ)友好的なものだった。

1974年:リチャード・バートンとエリザベス・テイラー

2人の愛の物語は騒々しいもので、それで映画が1本できてしまうほど。この年、2人は1回目の離婚をしたが、一般人にはまだ何が残っているのかわかっていなかった。離婚後すぐにバートンは結婚したいと思う人に出会ったが、その人は既婚者であるユーゴスラビアのエリザベス王女だった(結局テイラーと1975年に再婚)。

1/6ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。