ここから本文です

超大型の旅客機「A380」が売れないエアバス、起死回生の秘策とは?

7/29(土) 19:18配信

WIRED.jp

航空各社がより燃費効率の高い小型ジェット機へと乗り換えるなか、エアバスが世界最大の旅客機「A380」の売上不振にあえいでいる。その打開策となる改良モデル「A380plus」の「秘策」は、あるパーツを機体に追加することだった。

「電気飛行機」の時代は2045年にやってくる!?

世界最大の旅客機が、空中に留まろうと必死でもがいている。金銭的な意味で、だ。

航空各社は最近、世界最大の旅客機が売り物である「エアバスA380」の収容能力よりも、「ボーイング777」をはじめとするより小型な旅客機の燃料効率を好んでいる。その結果、エアバスは過去1年以上の間、A380の新規注文を1件も受けていない。

そんな同社が一発逆転の望みを託す大計画がある。新ヴァージョンをローンチし、もっと安く飛べるようにすること。そして翼の先にウィングレットをくっつけることだ。

2017年6月中旬に開催されたパリ航空ショーで、エアバスはA380に改良を加えた「A380plus」を発表した。この改良によって座席数は増え、翼の設計にも微調整が加えられた。

最新式旅客機の大半にとりつけられている、上向きに反ったウィングレットは、翼端渦流を抑制して抵抗を低減させ、エアロダイナミクスを改善することによって、燃料効率を向上させる。

A380plusのウイングレットは、全長4.7m(主翼の端から上に伸びるアップレットが3.5m、下に伸びるダウンレットが1.2m)。これによって燃料効率が4パーセント向上し、ほかの改善点とともに、運行コストも13パーセント削減できると見込まれている。

エアバスがもっと飛行機を売りたいと思っているのであれば、この点は重要である。なにしろA380には現在、わずか100機あまりしか受注残がない状態だ。

A380plusでは、クルーの休憩室を再編成したほか、1階と2階をつなぐ螺旋階段を通常の階段に再設計した。これらの工夫で、最大80席をキャビンに追加でき、4クラス575人の乗客を運ぶことが可能になる。またエアバスは、顧客を呼び込む訴求ポイントして、ダウンタイムとその費用を最小限に抑える点検整備要件の変更も発表した。

しかし、航空宇宙などを専門とするコンサルティング会社Teal Groupでアナリストを務めるリチャード・アブーラフィアは、「わたしには最後の抵抗に見えます」と語る。「超大型ジェットを欲しがらなかった顧客が、ウィングレットがついたからといって、急に心変わりするとは思えません」

そうはいっても、アブーラフィアはこの改良には意味があると見ている。「その利点が十分に立証されていることを考えると、元のデザインにウィングレットがついていなかったことが少し不思議に思えます」

新たな顧客の獲得には至らないかもしれないが、一銭も無駄にできない産業においては、この改良は何らかの役に立ってくれるだろう。

ERIC ADAMS

最終更新:7/29(土) 19:18
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc