ここから本文です

加計学園より重要な財政健全化の憲法問題 --- 中村 仁

7/29(土) 7:04配信

アゴラ

日銀の財政支援を国会はどう考える

衆参両院の予算委員会の集中審議は、加計学園問題で明け暮れました。安倍政権の体質、行政の公平・透明性を追及することは必要です。一方、この問題に集中するあまり、「本来の予算委員会の義務、任務を果たしていない」、「国会は国家の基本政策の審議を置き去りにしている」という不満、批判が高まっていることは事実です。

安倍政権は憲法改正を国民投票にかけることにし、自衛隊の存在の明文化、教育無償化の二つを目玉にしようとしています。ここで重要なことは、防衛費や教育予算を支える財政が先進国最悪の巨額の赤字(国と地方で1000兆円)であることです。予算の増額ばかりに目が向き、財政の悪化を放置すれば、防衛費も教育予算も払えなくなる時がきます。

興味深い文科省の調査を目にしました。大学の新設学部、学科内容について「大学教育の水準にあると見受けられない学校がある」、「学士過程にふさわしい授業内容となるよう見直すべきだ」と酷評された学校があるのです。その一つが千葉科学大学(千葉県)です。設置者は、あの加計学園です。

中学並みの大学でも無償化するのか

「一般動詞とbe動詞の使い方、比例と反比例」など、中学校で扱う授業内容に盛り込まれていたそうです。学生のレベルが低いのででしょう。「大学とは名ばかり。中身は中学校」というケースが少なくないのです。こんな大学、大学生を教育無償化の対象にするのは、税金の無駄遣いです。時間を作って、国会審議で取り上げるべきでした。教育予算の使い方を考えずに、いきなり無償化は無茶な話です。

年間の防衛予算は5兆円、文科省予算も5兆円です。自衛隊を憲法条文に明記しても、防衛費が急に増えることはありません。これに対し、大学・高等教育の教育の無償化には新たに4,5兆円の予算が必要です。安倍政権の支持率が4割を切り、さらに3割を割り始めていますから、国民投票で過半数の支持が必要な憲法改正はできるかは不透明です。

とにかく、安全保障予算を重視し、教育費の無償化を考えるなら、憲法の改正項目に、合わせて財政健全化を盛り込むべきなのです。それなのに安倍政権も予算委員会も、日本の財政危機には無頓着なのです。「危機は起きていないではないか。いづれなんとかなるさ」ですね。

憲法第7章は財政について、9条(83条から91条)を割いています。敗戦直後の混乱期に成立した新憲法は、財政について必要最低限の規定、手続きしか決めていません。「租税は法律の定めるところによる」(84条)、「内閣は予算を作成し、国会の議決を経なければならない」、「内閣は国の財政状況を毎年、国会に報告しなければならない」。あわてて作ったのでしょう。財政の健全性をどう考えるかという核心部分にまで、頭が回らなかったのでしょう。

1/2ページ

最終更新:7/29(土) 7:04
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム